妊娠は、コウノドリさんがやってきてくれた喜びとともに、妊娠中特有の症状に苦しむ人も少なくありません。
    最近は、妊娠してもギリギリまで仕事を続ける人が多く、足が痛くなったり、むくみが酷かったりと大変な思いをされている人も!
    そんな大変な思いをされている妊婦さんのために、むくむ原因、解消法、むくみ解消に効果のあるサプリなどを紹介していきたいと思います。

    むくみ(浮腫)ってなに?


     
    むくみは、身体の皮下組織などに水分がたまって腫れる現象です。
     

     

    基本的に痛みはないと言われていますが、私が妊活中に足のむくみがあった時には、パンパンに腫れて、皮膚がはじけそうになり、涙がでるくらいに痛みがあったことを思い出します。

     
    なので「痛み」や「腫れ」については、すごく個人差があると私は思います。
     
    一般的には、むくみが出ると、顔や手足がパンパンに腫れて指で押すと跡が残ります。
     
    ただし、むくみがあまりに酷いときには「静脈瘤」などの病気も疑われるので、ガマンのし過ぎには注意が必要ですね。

    妊娠中にむくみやすい原因は?妊娠後期・妊娠中期で違う?

    一般的にむくみは「塩分のとり過ぎ」や「運動不足」が主な原因です。
     

     しかし、妊娠中は赤ちゃんに届ける血液量が増えて体内の水分量が増えているので、妊娠前に比べてむくみやすい状態なのです

     
    妊娠12週目あたりから血液量が増加していきます。
     
    そして妊娠30週に差し掛かるとを血液量が妊娠前の約1.4倍になります💦

     
    また、最近は体重も病院でかなり管理されているようですが、妊娠中期・後期になると、赤ちゃんも大きくなってきて、妊婦さん自身の体重増加も気になる頃です。
     
    顔や足が丸くなって「もしかして食べ過ぎ?」「太りすぎ?」と思う妊婦さんも多いのですが、実際にはむくみで太ったように感じることもあるようです。

     

    むくむ原因は、塩分や運動不足以外にも、妊娠中期・後期でそれぞれの原因がありますので見ていきましょう!

    妊娠中期のむくみ

    つわりも終わり、安定期に入って健康な日々送っていると、ついつい家事や仕事などで活発に動いてしまいがちです。
     

    とくに血液量が増加していく時期ですが、そういった変化が体内で起こっていることを無視して、妊娠前と同じように体を動かしているとむくんでしまいます。
     

    また、お仕事を続けてデスクワークや立ち仕事など、同じ姿勢をとりつづけることの多い妊婦さんは、この時期からむくみに悩まされる人も少なくありません。

     

     もちろん、ある程度の活動量は必要ですが、「お腹に赤ちゃんがいる」ということを忘れず、動きすぎにも注意が必要な時だと言えるでしょう。

    妊娠後期のむくみ

    妊娠後期になると、赤ちゃんも大きくなって重みが増してきます。
     
    ちょっと動くのもあ母さんは「よっこいしょ」という感じになってきます。
     
    なので、脚の付け根の方に赤ちゃんが降りてきて血管を圧迫してしまい、足のむくみがよりいっそう目立ってきます💦
     

    あまりにむくみがひどいときには、妊娠高血圧症候群のリスクもあるので、医師に相談するなど対策をとりましょう。
     

    妊娠中は2人分の血液や水分を身体に抱えることになるので、ある程度むくむのは仕方がありません。
     
    でも、できるだけ不快感は解消したいところです💦

    次は、妊婦さんにおすすめの解消法を紹介しますので、リラックスをして、ぜひ試してみてくださいね。

    むくみ解消法 6つのポイント

     ポイント1.手脚(足)を冷やさないようにする

    男性で足が冷えて仕方がないというのはあまり聞きませんが、女性の下半身は、冬はもちろん、夏の冷房でもあっという間に冷えているものです💦
     

    なので、靴下やレッグウォーマーもおススメですし、カイロなどを上手に活用して体温調節をしましょう。
     
    また、足先の冷えにはフットバスがおススメです。
    そのついでに、手も温めちゃいましょう🎶

     ポイント2.リンパマッサージや手のツボ刺激で『流れ』を!

    マッサージで足の血液循環をよくすると、むくみの解消につながります。
     
    ただ、お腹が大きくなってくると、自分で足をマッサージするのは難しいものですよね。
     
    そんなときはダンナ様にお願いして、足の裏をギュッギュッと押してもらいましょう🎶
     
    夫婦間のコミュニケーションにもgood!

     

     
    私のおススメのツボは「中渚(ちゅうしょ)」です🎶
     
    手の甲側にあるツボで、薬指と小指の間で手首側に反対側の指をすべらせていくと骨の間の凹みに止まります。
     
    そこにあるツボで、停滞している「気」や「血」などの水分を巡らせてくれる作用があるので、刺激してみましょう。
     
    強く刺激しなくても、「気持ち良さ」を感じる程度に押してみましょうね。

     ポイント3.塩分の摂り過ぎに注意する

    意外とムズカシイのが塩分を控えること。
     
    これって、塩を使わなければいいんじゃない?と簡単に思いますよね。
     
    私も塩分制限をしてみたんですが、やってみると「ふりかけって塩が入ってる?」とか「ちくわも塩分が💦」なんて、塩の効いているものばかりなんです!

     
    もちろん調味料にも入っていますよね。
     
    なので、パーフェクトに塩分を摂らないというのは無理としても、全体的に少しずつ控えめにしてみましょう。
     
    そうしていくことによって、今まで味を感じなかったものが「しっかりとした味」を感じるようになってくるはずです(o^―^o)
     

     ポイント4.水分をできるだけ多めにとり「カリウムやマグネシウムなどのミネラル」を積極的に摂る

    むくむからといって水分をあまりに制限すると「瘀血(おけつ)」といって、血の滞り(とどこおり)につながってしまいます。
     
    なので、がば飲みしないようにチビチビと体に染みこませるように喉が渇く前に水分補給をしましょう。
     
    また、余分な塩分を体外に排泄してくれるカリウムを多めに摂るのも、むくみ解消には効果的です。

    カリウムはワカメやとうもろこし、納豆のほか、バナナやメロンなどの果物にも多く含まれています。

     ポイント5. 足を高い位置にあげる

    寝るときや休息をとるときに、20cmくらい高くなるようにクッションなどを足の下においてみましょう。

     
    これは妊婦さんだけでなく、疲れて足がむくんでいる人もしておススメしたい方法です。
     
    私も足がむくみやすいので、足マクラは必ずして寝るようにしています🎶
     
    寝ている間に、足の下からマクラがどっかいってしまう!と言う人もいるんですけど、熟睡するまでの間だけでもしておくとラクになりますのでお試しを(^▽^)/

     ポイント6. ウォーキングをする

    「ふくらはぎは、第二の心臓」と呼ばれています。
     
    足腰に滞り(とどこおり)やすい血液をポンプのように心臓へ送り返す働きがあるからです。
     
    ふくらはぎの筋肉がよく動くと全身の血行がよくなるというくらいなので、この筋肉を動かさない手はありません!

     
    ですが、無理は禁物なので、自分の体調をみながら、余裕をもって歩くことを心がけてください。
     
    妊娠後期は運動不足になりがちですので、短い時間でも毎日コツコツとウォーキングしてリラックスしてお産に臨みたいですね🎶

    ここまで解消法のポイントを見てきましたが、いかがでしたか?
     
    積極的にむくみを解消するのも大切ですが、一生懸命になりすぎもよくありません。
     
    疲れを感じたらこまめに休憩をとるなど、できるだけ笑顔を忘れず、リラックスして日々を過ごしていきましょう。
     

    むくみ解消に効果のある「葉酸サプリ」




    ナトリウムとカリウムのバランスを整えて、むくみを解消してくれるサプリです🎶
     
    妊娠中はもちろんのこと、授乳期にも、そして、産後にも効果的なサプリメント。
     
    72%の方が産後も続けて飲まれているとか!実力のサプリ
     
    おススメポイント!

     
    しかも1カ月分が2480円(税別)と続けやすいお値段です(o^―^o)
    家計に優しい!って、嬉しい限りです。
     
    また、最近では雑誌などにも掲載されて話題になってきています🎶

     
    今までは、妊婦さんはむくんで当然と思われ、ある程度のガマンはしなくちゃいけない風習でしたが、今は違います!
    楽しく充実した妊娠期間を送れるように、食事だけでは補いきれない栄養素を安心のサプリで補って、ゆとりのあるマタニティーライフを送ってくださいね(^▽^)/

    むくみを解消する【葉酸サプリメント】はこちらから↓

    妊娠中、産後ママのこころとからだにあんしんをお届け[こころからだあんしんラボ]

    Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    18 + 17 =

    女性の疾患】の最新記事
    • 国産野菜たっぷりで芸能人ママも愛用のおすすめ葉酸サプリはどれ⁉
    • 【子宮内膜を厚くする方法!】薄い原因は?厚くする食べ物やサプリ、治療法について
    • 妊娠線に効果絶大の予防クリームおすすめガイド!選び方や使い方も紹介
    • 妊娠中はなぜ足がむくむの?むくみ解消に効果のある「葉酸サプリ」
    • 妊娠線ができないようにするには?なぜできるかを知って予防しよう
    • 妊娠中の血糖値に注意!お腹の中の赤ちゃんや産後に影響の可能性が

    Twitterでフォローしよう

    この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。