体外受精の後、あなたはどんな風に生活していますか?
     
    体外受精で胚移植をしたあとは「寝て過ごした方が着床しやすいのかな?」と思う女性は多いようです。
    できるだけ妊娠率を上げるためにどんな過ごし方をしたらいいのか、生活上の注意点はないのか気になりますよね。
     
    今回は体外受精の胚移植後の体の変化や、過ごし方、日常生活で注意すべきポイントを紹介していきます。

    体外受精の胚移植後の流れは?


     
    胚移植の方法にもいくつかありますが、超音波検査で画面を見ながら、カテーテルを使って「子宮に胚を移植する」のが一般的です。
     

     
    病院によっても違いますが、胚移植後は受精卵が子宮内膜に根を張るまでの時間として、15分〜30分程度は病院内で安静に過ごすよう指示されます。
     
    絨毛(じゅうもう)という根を張った受精卵は、その後さらに2〜3日間かけて子宮内膜に潜り込み固定されます。
    胚移植後は着床を助ける理由で子宮内膜を安定的に保つため、しばらくの間ホルモン剤の投与が行われることが多いようです。

    胚移植から着床まで。注意する事とは?


     
    その後、さらに2週間ほどの期間をおいて妊娠しているかどうかの検査(胎児の胎盤から分泌される物質であるHCG値を測定)をして、陽性反応が出れば、胚移植成功となります🎶
     

    ちなみに、妊娠5週目に入ってから胎嚢(たいのう)が確認されると、そこで初めて臨床的な妊娠と診断されます。

     

    体外受精の胚移植後の過ごし方で、妊娠のしやすさが変わるの?

     
    体外受精で胚移植をすると、ちょっとした動きでも「流れ出てしまうのでは…」と心配する人もいます。
    色々な心配・不安があって当然ですよね。
     
    しかし、じつはちゃんと「絨毛(じゅうもう)」といった根を張った状態になって、さらに、子宮の内部も出入口である子宮頚管(けいかん)もしっかり閉じられていて、簡単に流れ出てしまうことはないのです。
     

     

    アメリカで行われたある調査では、体外受精の胚移植後に女性の体にセンサーをつけて日常生活の動きを調べたところ、運動や生活での動きの激しさと妊娠率に関連性は認められないという結果が出ました。
     

     
    スポーツなどでよく体を動かしていても、安静にしていても、体外受精の成功率に違いはありません。
    胚移植後の過ごし方で悩むよりも、リラックスして「いつも通り」を心がけるようにしましょう

     

    生活上の注意点は?


     
    日常生活は着床に影響を与えませんが、何をやってもよいというわけではありません。
    先ほどもお話ししたように、基本的には胚移植後の過ごし方と着床・妊娠率には関係ないとは言われていますが、普段の生活で注意しておきたい点をまとめてみましたので、ぜひ心がけてくださいね。
     
    ・移植当日の入浴や水泳

     
    体外受精の胚移植時に膣内を傷つけている可能性があります。
    その場合にお湯や水に浸かると感染症になる恐れがあるので、胚移植当日はシャワーにしたほうが安心です。

     
    ・タンポンを使用しない
     
    タンポンを使い続けると雑菌が繁殖しやすく感染症の恐れもあります。
    胚移植時に膣内が傷ついている可能性を考えてタンポンの使用も控えたほうが無難です。

     
    ・性行為は移植後2〜3日控えましょう
     
    精液に子宮を収縮させる作用があります
    すでに着床を待っている状態なら、避妊を忘れないようにしましょう。

     
    ・激しい運動を避けましょう
     
    ウォーキングなどの適度な運動であれば問題ありませんが、体を酷使するような運動はやめましょう
    登山やフルマラソンなどは控えてくださいね。

     
    ・自転車での長距離移動
     
    自転車の振動が子宮収縮を引き起こす可能性があるといわれています
    実際には、医学的に証明されているわけではありません。
    ですが、できるだけ長い時間自転車に乗るのも控えると安心ですね。

     
    ・飲酒は控えて、タバコは禁煙
     
    タバコを吸うことやアルコールを飲むことで、ホルモンバランスの乱れや血管が細くなる症状が現れます
    血管が狭まると子宮にも十分な栄養が送れなくなってしまって、胎児の成長をさまたげる恐れもあります。
    妊娠後のことも考えて、特にタバコについては、妊活中に禁煙することをおすすめします。

    体外受精の胚移植後の過ごし方で、笑うことが妊娠の確率を上げる⁉


     
    体外受精の胚移植後の過ごし方で、気をつけるべき注意点をご紹介しましたが、それ以上にぜひ取り組んで欲しいことがあります。
     
    それは「できるだけ笑顔で笑って時間を過ごす」ということです。
     

     
    2011年に発表されたイスラエルの研究で、219名の女性をグループ分けし、胚移植後にコントやマジック、手品等で笑わせた女性グループの方が妊娠率が高いということがわかりました。

     
    症例数がまだまだ少ないので今後の研究も気になるところです。
     
    しかし、ただ笑うだけ次のような、さまざまな健康効果が得られると言われています。
     
    ・ストレス解消
    ・リラックス
    ・免疫力アップ
    ・血糖値を下げる
    ・血圧を下げる

    なので、笑いによるストレスの軽減が、少なからず妊娠率に影響したのかもしれませんね

    体外受精の胚移植後のストレス発散が重要!

    これまで、お話ししてきたように、体外受精の胚移植後の過ごし方は、いつも通りで構いません。
     
    「ちゃんと着床できるかな?」
    「今度こそは妊娠できるはず…」
    と気になってしまうのは当然ですが、あまり神経質になりすぎてストレスを溜め込んでしまうのは避けたいものです。

     

    胚移植後の過ごし方に注意するよりも、ストレスのほうが妊娠を左右する大きな要因になることも⁉

     

    時にはリラックスする時間をつくってストレス発散を行うことが重要です。
     

    しかし、ストレスを解消したいと思っても、なかなか出来ないものです💦
     

    そんな時は!…

     
    ただ笑顔を作るだけでもストレス解消効果があります!
    なので、ストレスを感じた時には顔だけでも笑ってみて下さい!
     
    「面白くもないのに笑えない」という人もいるでしょう。しかし面白くなくてもいいんです。
    面白くなくても、作り笑いでよいのでチャレンジしてみましょう。

     
    また、普段の暮らしの中で何か気になることがあれば、担当の医師に確認しましょう。
    胚移植後は不安を抱えないようにすることが大切ですよ

    体外受精の着床時期と妊娠判定日

    ・着床は3~5日後

     
    受精卵を子宮に戻した(胚移植)後は、初期胚の場合は着床に3~5日ほどかかります。
    胚移植された受精卵は時間をかけて分割を繰り返し、「胚盤胞」という形に変化し、着床します。
     
    胚盤胞の着床は自然に行われるので、体外受精後は様子を見守りながら、着床率を高めるために子宮内膜を厚くするなどの薬が投与されることもあります
     
    場合によって「胚盤胞まで培養してから胚移植」することもあり、この場合は体外受精後1日ほどで着床します。

     
    ・妊娠判定日は2週間後
     
    体外受精の胚移植後、約14日~21日後に妊娠判定を行う病院が多いようです。
     
    妊娠判断は、尿に含まれる「hCG値と呼ばれるホルモンの数値」で行います。
    hCGは妊娠すると分泌される女性ホルモンです。

    より着床率を上げるためには

     
    ・男性は精子の運動量を活発にさせる
    ・女性は胎児を育てられる体内環境を整える

    ことが不可欠です。
     
    そのためには、女性は卵子の老化、男性は精子の老化に気をつける必要があります
     
    精子と卵子の若返りが期待できるサプリは、詳しくはこちらで紹介しています!

    【精子と卵子の若返り】ミトコンドリアを活性化して妊娠へ!
    2017.5.28
    「精子・卵子の質がおとろえる!」って最近良く聞くけど、「質がおとろえる!」ってどういうこと⁉ しかも、年齢とともにおとろえていく!って💦 高齢出産が珍しくない時代に、「年齢とともにおとろえ…

     
    また最近では、不妊治療も進歩し、色々な方法があるため、自分に合っている方法を、しっかり調べた上で検討するべきでしょう。

    体外受精の移植後の症状


     
    体外受精後、人によっては妊娠兆候が出る場合があります。

     
    ・着床出血
     
    ・頭痛、腹痛
     
    ・着床痛
     
    ・高温期が2週間以上続く
     

    ・吐き気や食の好みの変化

     
    こうした妊娠超初期症状には個人差があり、何も感じない人もいれば敏感な人もいます。
    心配な場合には病院に相談しましょう!

     
    これまで、「体外受精の胚移植後の過ごし方」を見てきましたが、大事なことは「いつも通りに」「ゆったり過ごす」など本当に普通のことです。

     
    でも、「体外受精」自体が「一大事」のことですよね。
    だから神経質になるな!というのが無理なことなのかもしれません。
     
    でも、そういった時だからこそ、「テレビを見て笑う」といったのんびりした時間をとりましょう!そして、「爆睡しましょう!」
     
    イライラしている所にコウノドリさんは来てはくれません。
    あまり敏感になりすぎず、ゆったりと過ごしてみましょうね。

    Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    two × one =

    不妊症】の最新記事
    • 国産野菜たっぷりで芸能人ママも愛用のおすすめ葉酸サプリはどれ⁉
    • 【子宮内膜を厚くする方法!】薄い原因は?厚くする食べ物やサプリ、治療法について
    • 精子の老化を防ぐには⁉サプリ嫌いのオトコの妊活は何を飲むべきか
    • 妊活中・妊娠中の人必見!葉酸サプリの副作用や注意点・飲み合わせ
    • 【40代で妊娠力UP】高齢出産のリスクと今からしておいた方がいい事
    • 基礎体温がガタガタな人が妊娠しやすい体にする方法

    Twitterでフォローしよう

    この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。