誰もが「いつまでも若々しく元気でいたい」と思うものですが、年齢より若く見える人と老けて見える人がいますよね。
    その差って何だと思いますか⁉  じつは「腸」が大きく関係しているのです!!!
    腸は「全身の免疫を司る」とか言われていますが、なんのこっちゃ!と思われている人もいるはず。
    腸は、ウンチを作るだけではありません!
    腸を健康にして若々しくいるために、「食物繊維」や「免疫」の関係などをちょっと探ってみたいと思います🎶

     

    腸のお仕事


     
    「腸は、ウンチをつくるのが仕事」だなんて思っていませんか?
     

     
    食べた物を消化吸収する腸には、じつは「全身の免疫を司る」という秘められた重要な役割があります!

     
    私は鍼灸治療院をしていますが、問診の時に、患者さんに「毎日、お通じはありますか?」とお聞きします。
     
    そうすると半数の方は、毎日キチンとないんです💦
     
    腸には「腸内細菌」という細菌がいます。
     

    その「腸内細菌」が、腸に集結する「免疫細胞」と不思議な会話を交わしながら、私たちの全身をさまざまな病気から守る「免疫力」をコントロールしているのです。

    そもそも免疫力って何?


     

    免疫は、「自然免疫」「獲得(かくとく)免疫」の二つに大きく分けることができます。

     
    自然免疫とは…

     
    ・体内に入ってきた「病原体」に、最初に反応します。
     
    ・ここで活躍するのが「マクロファージ」や「NK(ナチュラルキラー)細胞」、「好中球」などの免疫細胞です。
     
    ・この免疫細胞は細菌やウイルスを「悪い物が入ってきた」と判断して攻撃し、私たちの体を守ってくれます🎶

     
    獲得免疫とは…
     
    ・自然免疫の攻撃を逃れた「病原体」に対応します。
     
    ・T細胞やB細胞がその主役で、リンパ球の一種で「Tリンパ球」「Bリンパ球」とも呼ばれます。

    ・「Tリンパ球」「Bリンパ球」は病原体を認識し、その病原体の種類を特定して「抗体」を作り出すことで免疫力を発揮します


     
    獲得免疫では、抗体を作ることにより、病原体の種類がキチンと記憶されています。
     
    なのである特定の病気にかかると「免疫ができたから今後はこの病気にはかからない」という状態になるのです。
     
    これまでは、「自然免疫は記憶されないから、毎回、侵入してきた病原体と闘わなければならない」と言われていましたが最近の研究結果で自然免疫にも記憶があるということが分かったのです!

     

    こんなふうに、病原体から2重に防御されて体は守られていますが、この免疫が働く前にも、ほかの方法で守られてもいるんですよね。
     

    せきやくしゃみもその一つです!

    異物が体内に入り込もうとすると、せきやくしゃみでいらないものを出そうと反応します。
     

    花粉症の症状で鼻水やくしゃみが多いのも、花粉の侵入を防ごうと一生懸命に反応してくれているのです。
     

    また、私たちの皮膚には「常在菌」という菌がいて、これが病原体の感染を防いでくれます。
     
    なので、「2重に防御」どころか色々な所で防御しようと頑張ってくれているのです。
     
    ですが、防御しぎれない「病原体」も出てきます💦
     
    その防御しぎれない病原体に対して、対応してくれるのが「免疫」というわけです。

    免疫はどのように働く?



    先ほどもお話ししたように、免疫細胞は体のいたるところで病原体と闘ってくれています。

    それだけでなく、あるポイントではこれらが集団で、病原体をとらえてやっつけようとしています🎶

    それは小腸に20~30カ所あるといわれる「パイエル板」という組織です。

    パイエル板は「リンパ組織」で、食べ物や微生物などをそのまま取り込みます。
     
    その奥ではマクロファージやB細胞、T細胞などが待ち構えて、病原体などをやっつけるのです。

    このように「免疫細胞」というのは病原体から体を守ってくれますが、それぞれの役割分担があります。
     
    一つ一つ見ていきましょう!

    ・マクロファージのスゴイ役割

     
    「病原体」を食べてくれます。
     
    これを「貪食(どんしょく)」といいます。
     
    そして活性酸素などを利用して殺菌を行います。

     
    ・NK細胞
     
    「ウイルス」や「細菌」だけでなく、がん細胞に対しても免疫力を発揮します

     
    ・T細胞

     
    ウイルスに感染した細胞やがん細胞を除去します。

     
    ・B細胞
     
    T細胞のアシストによって抗体を作り出します。

     
    ・好中球
     
     
    細菌や真菌などの病原体を食べたり殺菌したりします。

     
    ・好酸球や好塩基
     
    おもに寄生虫などに対応します。

     
    また、樹状細胞というものもあって、これはT細胞が活動するのを助けます。
     
    ちなみに、この「樹状細胞」なのですが、この働きが明らかにになったのは、いつ頃と思いますか?
     
    2011年!つい最近なのです。
    (ノーベル生理学・医学賞「獲得免疫における樹状細胞の役割の解明」によってラルフ・スタインマン博士により明らかされました。)

     

     
    体内に侵入してきた病原体に対して体を守るのと同時に、体内で発生したがんなどに対して闘ってくれるのも免疫なのです。

    免疫力の60~70%は腸にある


      
    これまでお話ししてきたように、「免疫」というのは、私たちの体を守ってくれる大切な働きです♪
     
    免疫力が低下すると、感染症にかかりやすくなるだけでなく、悪化するリスクも増えてしまいます。
     
    では、どのようにすれば免疫力を高めることができると思いますか?

     
    そのポイントはまず、にあります。
     
    私たちが生きていくために食事をしますね。
     
    その食べ物を消化して、そのあと栄養を吸収し、排泄するのが腸です.

    食べ物には、有害な病原菌やウイルスが付着している危険性もあります。

    そのような体に害があるものが入ってくるのを防ぐため、腸には免疫力が備わっている必要があります。
     
    免疫力の60~70%は腸にあるといわれているほど!

    つまり腸内環境を良好に保つこと。それが、免疫力の低下を防ぐことなのです。
     

    どんな食事がいいの?



    「腸にいい食事」と言えば、ヨーグルトや野菜全般と色々と浮かんできますよね。
     
    でも皆さん、どんなものがどんな効果があるかご存じですか?
     
    それぞれの担当するところを見ていきましょう。
     
    ・免疫を担当する細胞のバランスを改善する

     
    腸内細菌のバランスを整えるヨーグルト、漬物、味噌といった発酵食品や、食物繊維、オリゴ糖

     
    ・腸の粘膜を修復し、免疫機能を高める
     
    食物繊維をエサとして増える「酪酸菌」
    最近「痩せ菌」として注目を集めています💛

     
    酪酸は腸内で作られて様々な効果をもたらしてくれますが、足の臭いの元の物質なだけあって酪酸はとにかく臭いです(笑)
     
    なので、酪酸を口から直接取ろうと思ってはいけません💦

     

    だからサプリメントで酪酸を取るというのは考えずに酪酸を腸内で増やしてくれるサプリメントを取ることを考えましょう!
     

    ・炎症を抑えることなどで、腸における免疫力に大きく関わる

     
    トマトやリンゴ
    お茶などに含まれるポリフェノール類
    青背魚に多く含まれるEPAなどのn-3系不飽和脂肪酸

     
    こんなふうに「腸によい食べ物」も、それぞれの担当する役割があるんです。
     
     
    次は、免疫細胞自体によい栄養素などを見ていきましょう!

    免疫細胞自体によい栄養素

    腸内環境を整えるだけでなく、免疫細胞自体に働きかけるものを加えるとさらに効果的ですよね。

     
    効率よくプラスしていったほうが良いものを紹介しますね。
     

    たんぱく質🍖

     
    「たんぱく質」は、免疫細胞を活性化させるために必要です。
     
    お肉などに含まれるたんぱく質は、細胞の主成分となるからです(o^―^o)

     

    ビタミンAやビタミンE

     

    「ビタミンAやビタミンE」は、細胞の免疫機能を保持します🎶

     

    亜鉛やセレン、銅、マンガンなどのミネラル類

     
    「ミネラル類」は、免疫細胞を保護します。
     
    これらは「微量ミネラル」と呼ばれ、私たちの体には必要不可欠な栄養素です。
     

    コレステロール!

    コレステロールって、体に悪いんじゃないの?というふうに思いますよね。

     
    たしかに高すぎは良くありませんが、ある程度は免疫力を高めるためには欠かせないものなのです。

     
    免疫力が高まるためには、古い細胞から新しい細胞に入れ替わりをしなくてはいけません。

     

    そのためには、細胞膜の材料となる「コレステロール」が必要なのです。
     
    なので、「コレステロール=悪者」なんて思わないで下さいね(o^―^o)ニコ

    免疫力を高めるには?


     
    これまで、免疫力を高める食事、栄養素を見てきましたが、免疫力を落とさないために毎日の生活で心がけたいことがあります。
     
    どのようなことか見ていきましょう!

     
    あなたの平熱はどのくらいですか?

    と、聞かれて「〇度です」とすぐに答えれる人が、どのくらいいるでしょう。
     
    じつは「体温が1度下がると免疫力は30%落ちる」といわれているんです💦

     

     
    平熱が36度を切る人は、免疫力が低くなっているおそれがあります。

     

    冬であれば、ホッカイロなどを使って体を冷やさないように対策をして欲しいところですが、その他に皆さんにぜひ、して欲しい事があります!

    それは、「筋肉をつけること」です。
     
    運動をしていない状態でも、筋肉は常にエネルギーを代謝して熱を作ってくれているんです。

     
    体温のうちの約40%が筋肉から作られているとも‥!
     
    なので、間違ったダイエットで体重を落としても、筋肉が落ちてしまっては熱も生まれず、免疫までも落ちてしまい最悪の状態💦

     
    もちろん、肥満は良くないので「適切な体重を保つ」というのは大切です。
     
    見た目的にも筋肉の減少を防ぐためにも、健康のためにも、ウォーキング、またはそれより少し負荷のかかる運動を週2~3回続けることができればベストでしょう🎶
     
    と、簡単に言いましたが、ナカナカ無理という人は、いつもより歩く事、動く事を意識しましょう。
     
    食事の後のちょこちょこ動きは、良い効果をもたらします。
     
    三日坊主にならないように「ちょこちょこ続ける!」を意識していきましょうね(o^―^o)ニコ
     

    他にももう一つ、あります!

     
    それは、熱を産むために必要な「糖質」を適度に摂ること。
     
    たんぱく質も筋肉のもとになるだけでなく、熱産生に必要です。
    また、先ほどもお話ししたようにビタミンやミネラル類も、熱産生をサポートするためには欠かせない栄養素なので意識しましょうね。
     

    その理由の一つが、血流がよくなることです。
     
    血液の中には赤血球や白血球など、皆さんが聞いたことのあるものが成分としてあります。
     
    免疫を担当する細胞が集まっているものに「白血球」がありますが、その白血球が体中のすみずみを巡ることで、免疫力が発揮されます。

     

    なので血流がよくなることって、とても大切なのです!!
     

    「体温が低くないほうがいい」というのには、もう一つ理由があります。
     

    それは「酵素の活性化」です。

    「酵素」というのは何か知ってますか?
     
    「食べ物の消化吸収」「細胞の新陳代謝」などで活躍するのが酵素で、私たちが生きていくために必須のものです。
     
    そんな重要な酵素ですが、一番活性が高まるのは‥

    体温が37度前後!!!

    普通に健康なら、日頃から体温を測ったりはナカナカしませんが、免疫力が低下していないかどうかを把握するために、自分の平熱を測っておくことも大切ですね(o^―^o)

    食事のアドバイス💛

     
    たんぱく質やビタミン、ミネラル類のバランスといっても、何をどのくらい食べればいいのかはわかりにくいものでよね。
     
    免疫力を高める食事法といって、一番考えられるのは、至ってシンプル!
     
    多くの種類の食材を摂ることです。
     

    副食としてたんぱく質を摂り、サラダや煮物などでビタミンやミネラル類を補給するなど、めんどくさがらずに、おかずの種類を増やすことが一番。
     
    コンビニ弁当を選ぶにも、色々なおかずが「ちょこちょこ」と入っているものを選ぶだけで、バランスはとれますよね。
     

    私たちの体内には、1000種類以上、600~1000兆個もの腸内細菌がいるといわれています

    いくらヨーグルトが腸に良いからといって、ヨーグルトがすべての腸内細菌に効果があるとはいえません。

    また腸内細菌の構成(どの菌がどの位いるか)だって、一人一人、違っています。
     
    ということですよ!

    ある人にとって有効な食材でも、ほかの人にはあまり有効ではない可能性があると考えられるのです。
     
    また、同じ食材を2週間くらい続けて摂っても「まったく効果を感じない」ということもありますよね。
     
    そんな場合、ほかの食材を試してみるのも一つの方法です。
     
    例えばヨーグルトだけにこだわるのではなく、ほかの発酵食品をチャレンジしてみるのもおススメ🎶
     
    そして、同じものを食べ続けるのではなく、一定期間を置いて種類を変えてみる!なんていうのも楽しみながら頂けるのではないでしょうか(o^―^o)

    食物繊維の効果・効能


     
    食物繊維は、「人の消化酵素で消化されない食物中の成分」をまとめたものを言います。
     

    皆さんもご存じのように穀類、野菜、果物、海草、ごぼう、イモ類(特にさつま芋)、豆類、その他にエビやカニなどの甲殻類などにも多く含まれています。
      

    では、おもな免疫効果を見ていきましょう!

     
     

    ・腸内環境を整える
     
    ・コレステロール値を下げる
     
    ・糖尿病予防
     
    ・高血圧の予防
     
    ・肥満予防

     
    良い効果が満載で、摂って損はない!ものですよね🎶
     

    次は、食物繊維のメカニズムです!

    腸内の発がん物質など有害物質を体の外に排泄してくれます。
     
     ⇓ 
     
    そうすると体の中に害のあるものはなくなり、きれいになって善玉菌が増えてくれます🎶
     
     ⇓ 
     
    その善玉菌が、リンパ球を活性化して免疫力を高めてくれるのです(o^―^o)
     
     

     
    ということで、食物繊維は「腸内環境の改善」「免疫力の向上」に大きく役立つのです!

    食物繊維の種類


     

    最近は、食物繊維に関する番組が組まれたりして、「食物繊維の種類」などもご存じな方が多くなってきたのではないかと思いますが、ちょっと分かりやすく紹介していきたいと思います。
     
    食物繊維は大きく分けて「不溶性食物繊維」「水溶性食物繊維」の2種類があります。
     

    それぞれの特徴など見ていきましょう!

     
    ・不溶性食物繊維
     
     
    ・水に溶けにくい
     
    ・糸状に長い筋で、ボツボツ、ザラザラしているのが特徴
     
    胃や腸で水分を吸収して大きくふくらむことによって、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にして、お通じがでるように促してくれます。

     
    ※蠕動(ぜんどう)運動とは、腸が伸びたり縮んだりを繰り返しながら便を肛門へと運ぶ運動のことです。
    - 
     この不溶性食物繊維が、大腸内で発酵・分解されると「ビフィズス菌」などが増えて腸内環境が良くなり、整腸効果があります
     
    形的に、繊維状などの形をしているので、よく噛んで食べる必要が出てきます。
     
    なので、食べすぎを防いでくれるとともに、顎の発育を促し、歯並びを良くします。
     
     不溶性食物繊維を豊富に含んでいる主な食べ物としては、穀類、野菜(ごぼう、かぼちゃなど)、豆類(いんげん豆、えんどう豆など)、きのこ類、寒天、ココア、などがあります。

     
    ・水溶性食物繊維

     
    ・水に溶ける
     
    ・ネバネバ、サラサラしている
     
    ・大腸内で発酵・分解されると腸内環境が良くなり、不溶性食物繊維よりも整腸効果があります

     

    また水溶性食物繊維は、粘っこく張り付くように胃腸内をゆっくり移動します。
     
    なので、糖質の吸収をゆるやかにして、食後血糖値の急激な上昇を抑えてくれます
     
    さらに胆汁酸やコレステロールを吸着して体外に排泄します

     
    血糖値やコレステロールの気になる人には、必要な「食物繊維」と言えますね🎶

     
     

    水溶性食物繊維をたくさん含んでいる主な食べ物は、ペクチンを含む野菜(にんじん、じゃがいも、さつまいもなど)、果物(りんご、柿、いちご、プルーン、みかんなど)、山芋、こんにゃく、昆布、わかめ、などです

    食物繊維の問題点


     
     便秘の解消だけでなく、血糖値・コレステロール対策に役立つとされる食物繊維ですが、過剰摂取すると「他の食品から摂取した栄養が吸収されず栄養バランスが乱れる」という問題点もあります。

      
    そういったことが、体調悪化に繫がったり、偏った摂取でますます便秘気味になったり、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にしすぎるために下痢気味になったりすることも‥💦
     

    必要な栄養素はサプリメントなどに頼り過ぎるのではなく、毎日の食事で摂るのが本来の形です。

     
    どの食材が効果があるんだろう。
    と、考えるよりも、自分が普段、滅多に食べていないものに手を伸ばしてみましょう。
     
    例えば、レタスなどのサラダは良く食べるけど、ゴボウなどの根菜類は食べない。
     
    そんな人は、根菜類もプラスしてみましょう。
     

    いろいろな食材を摂ることこそ、多くの栄養素を摂ることにつながります。
     
    そして、旬の野菜や魚類を食べることは栄養面や美味しさもgoodです。
     
    色々な食材を使って、楽しく食事をし、そして筋肉をつけて免疫力アップにつなげていけたら最高ですね🎶

    「鉄壁の免疫力」は腸で生み出されていた!

    ニューヨーク・ヤンキース 田中将大投手を皆さん、ご存じですよね。
     
    田中投手は、風邪や食中毒などで試合を休んだことは一度もないというほどの「鉄壁の免疫力」の持ち主。

     
    あのようなスゴイ選手は、きたえ方が違うんだろう!
     
    たしかに、きたえ方もあるのでしょうが、実はそんな強じんな肉体作りに秘密があったのです!!!

     
    それは、腸の働き!

    腸は、食べ物だけが通過するわけではありません。
     
    一緒に病原菌やウイルスなどが、入り込んでくる危険性のある場所でもあります。

     
    言いかえるなら、「体内で最も密接に“外界”と接する臓器」とも言えます。
     
    だからこそ腸には、病原菌やウイルスなどの敵をやっつけてくれる「免疫細胞」が大集結しています。
      
    体中の免疫細胞のおよそ7割が腸に集まっているのです
     
    7割ってすごくないですか⁉
     
    それほど大量の免疫細胞が、栄養や水分を吸収する腸の壁のすぐ内側に集まって、敵の侵入に備えてくれているのです。
     

     
    それだけではありません。
     

    腸の中には、免疫細胞たちの「戦闘能力の訓練場」があるんです!

     
    それが、小腸の「パイエル板」。
     
    小腸の壁の一部に存在する平らな部分です。

     
    その部分の表面には、細菌などの敵を引き入れる「入口」があります。
     
    その入口から入った敵をパイエル板の内側に集まっている大量の免疫細胞たちに触れさせて、体に害を与える敵の特徴を学習させているのです。

     

    こうした腸での訓練を受けた免疫細胞たちは、腸で守りを固めるだけではないのです!

     

    血液に乗って全身にも運ばれ、体の各所で病原菌やウイルスなど敵を見つけると攻撃する“戦士”となります

    体を守る免疫のシステムってスゴイですよね。
      
    こんなに何重にも防御してくれているんですから…。
     

    また一見、腸とは無関係に思えるインフルエンザや肺炎などに対する免疫力の高さも、腸での免疫細胞の訓練と密接に関係しているらしいことが、最新研究でわかってきています。
     
    「インフルエンザに毎年、かかってしまう」という人がいますよね。
     
    そんな人は、まずは腸を元気にする必要があると言えるのです。
     
    腸はまさに「全身の免疫本部」
     

    田中投手の「鉄壁の免疫力」も、ゲンキな腸によるものと言えるのです!
     
    皆さんも、腸を元気にして免疫力を上げ、いつまでも若々しくいようではありませんか(^▽^)/

    腸内環境を改善して老化防止をするには‥!

     
    これまで見てきたように「腸」は、ウンチを出すためだけでなく、体を守るために、とても大切なスゴイ臓器です。
     
    「便秘になると吹き出物が出来ちゃう」なんてことも聞いたことがあるのではないでしょうか⁉
     
    キレイなお肌を保ちたい!
    いつまでも若々しくいたい!
     
    女性だけでなく、男性だって健康で、若くいたいものですよね。
     
    で、あるならば「皆さん、腸を健康にしましょう!」

    しかし、食べ物からパーフェクトに腸を健康にするというのは、ムズカシイ💦
     
    「食事からの栄養 + 腸をサポートしてくれるもの」
     
    こんなふうにちょっとサポートしてくれるものを1つプラスするだけで、体は変わってくるはず!
     
    それには、まずはどれが自分にあうものかを選びだすことです!
     
    皆様の腸活のお助けが出来れば幸いと思い、私が納得のいくサプリをチョイスしましたので、ご自分にあうものがあるか探してみて下さいね🎶

    121種類の酵素と乳酸菌




    フジテレビの「バイキング」でも紹介された『やせ菌を増やすサプリ💛』
    おススメポイント!

     
    「代謝を活性化させる121種類の酵素」と、「腸内環境を整える乳酸菌」をダブルで補ってくれて、やせ菌を増やしてスッキリ体質をサポートしてくれます🎶
     
    以前より太りやすくなったと悩んでいる方に最適で、基礎代謝を高めてくれるのでスッキリしたい人にはおススメ!
     
    完全無添加サプリメントで、モニター満足度では87%と高い評価を獲得している安心して飲めるサプリです💛
     
    121種類の酵素と乳酸菌の詳細はこちら
     

     
     

    あのRIZAPがあなたの腸活を応援!




    あのRIZAP発の機能性表示食品!「VITAL FROLA」です💛
    おススメポイント!

     
    CMで皆さんご存じのRIZAPは、あなたの「なりたい姿」への思いに応えるべく、「VITAL FROLA」を開発しました!
     
    ヒト由来でヒトの腸に適したビフィズス菌「ビフィズス菌BB536」を配合しています。
     
    この菌は、腸内環境を良好にし、腸の調子を整える機能が報告されています。※消費者庁届出表示

     
    あなたも、あのCMのようにRIZAPしてみませんか⁉
     
    【RIZAPから新登場】腸の調子を整えたい方に

     
     

    安心のファンケルで快調サポート



    お通じ改善に!ファンケルの機能性表示食品「快腸サポート」💛

    おススメポイント!

     
    ファンケルだけの「生きた菌を胃酸から守る製法」を開発。
     
    カプセル内に胃酸を入れないようにするだけでなく、入っても中和することで、胃酸から生きたビフィズス菌BB536を守ります
     
    「胃酸にも負けず腸まで届く」スグレモノです💛
    快腸サポート約30日分1,000円(税込)

     

     

    胃腸内視鏡外科医が開発した「新谷酵素」




    ベストセラー「病気にならない生き方」の著者で「新谷教授」が監修したサプリメントです💛

    おススメポイント!

     
    こだわりの製法で生きた酵素を「一粒一粒」に凝縮!

     

     
    「専門医が監修している」ということで安心感があるというのは私だけでしょうか⁉
     
    詳しいことは分からなくても「酵素は体にいい」ということは常識ですよね。
     
    腸活だけでなく「自分の健康を守る」という視点からも効果のありそうなサプリです💛
    トライアル購入はこちら(送料無料)

     
     

    女性に嬉しい成分が補える「ぷりぷりプリンセス」




    吉川ひなのさんや有名人がインスタで紹介しているという、スッキリで巡りの良い毎朝をサポートするサプリ💛
    おススメポイント!

     
    水溶性の食物繊維だけでなく乳酸菌・コラーゲン・ビタミン・酵素も配合!
     
    これ一つで「一石二鳥」どころか三鳥も四鳥も狙えそうなサプリです💛

     
    定期コースは、最低○回という回数の制約がないので、気軽に試してみることが出来るのでおススメです🎶
    初回限定キャンペーン!→【ぷりぷりプリンセス】


     

    ま と め

    ここまで「食物繊維や免疫」「腸」に関することなどを見てきましたが、いかがでしょうか?
     
    私は総合病院に出入りすることも多く、入院患者さんなどを見て感じたことが「なんと大腸がんが多いのか⁉」ということです。
     
    みな誰しも、健康でいたいと願う事。
     
    野菜が嫌いな人、なかなかバランスよく食事ができない人と「腸活」のできない生活をされている方、ちょっと意識改革をしましょう!
     
    老化防止どころか、歳をとる前に病気になってしまうのでは、人生、もったいないです!
     
    毎日の食事で摂りきれないところを上手に補える自分にあったサプリをプラスして、腸活&免疫力アップを目指しましょう!

    Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    13 + six =

    】の最新記事
    • 【食物繊維と免疫の関係】腸を健康にし免疫力を上げて老化防止!

    Twitterでフォローしよう

    この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。