心待ちにしていた妊娠。
    おなかの膨らみとともに「母親になることの自覚」が芽生えつつも、気になるのが妊娠線ではないでしょうか。
    皆さん、妊娠線がなぜできるのか、予防はどうしたら良いのかナドナド、知っていますか?
     
    この妊娠線、7割以上の妊婦さんに出来てしまうと言われています。
     

    妊婦になってもオンナはオンナ!

     
    赤ちゃんが出来たからといってオンナは捨てたくない!
     
     

    妊娠線は、女性にとってとても深刻な問題ですが、最近は妊娠線予防についての情報も多くなってきていたり、ケアする商品もたくさん出てきたりしているので、しっかりケアをすることで「妊娠線が出なかった」という妊婦さんも多いのです。
     
    なので今回は、そんな妊娠線の予防法、なぜできるのかなどの基礎知識からきっちり解説していきます。

    そもそも妊娠線とはなに?


    「妊娠線」と呼ばれるのは、おなかが大きくなり始める妊娠5~7ヶ月ごろからでき始める人が多いようです。
     
    もちろん、個人差はあるものの急激におなかが大きくなるとかなりの確率でみられます。
     
    お臍の上下に1本(正中線と言います)だけの人もいれば、十本以上できる人もいれば、ひび割れのようになる人もいて、でき方も色々です。
     

     
    これは、急激に大きくなるおなかに皮膚の伸びがついていけず、真皮(しんぴ)が裂けてできる断裂跡💦
    このキズ跡ことを妊娠線と言います。
     
    下の皮膚の断面図を見て分かるように、皮膚は表皮・真皮・皮下組織の三層に分かれています。

     
    妊娠中は体重も増加し、おなかはもちろんの事、おしりやバストも大きくなります。
     
    これは、そうなって当然のことで、妊娠前とまったく変わらないという人はいません。
     
    困ることは、大きくなった部分の皮膚が急激に伸ばされてしまうこと。
     
    表皮だけなら、ある程度は伸びるものの、真皮や皮下組織の一部はそのスピードについていけず断裂してしまいます
     

    断裂したところから毛細血管が透けて見えて、赤紫色の線状班が現れます。
     
    断裂する位置などは個人差があり、稲妻のような妊娠線だったり、スイカの皮のシマシマ模様のような妊娠線だったりします。

     

     
    この妊娠線は、真皮(表皮の奥)にあり、キズ跡は深いので、時間の経過や努力次第で目立たなくなるものの、一度できてしまうと完全に消すのが難しく、もと通りにはなりません😿

     
    子供を産み母親になった勲章ではありますが、「オンナ」であることを捨てたくない!と心の中では思ってしまいますよね。

     
    もう一つ深刻な問題が‥!
     

    それは「肌の再生力が弱くなること」です!

     

    妊娠中にはステロイドホルモンの分泌量が増えます。

     
    ステロイドホルモンには肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)をおさえる働きがあります💦

     
    なので、肌がスピーディに生まれ変わることができなくなり、弾力も失われ、断裂しやすくなるというワケですね。
     
    ですので娠線線は、「妊娠によってお腹が急激に大きくなること」だけでなく、「肌の再生力が弱くなること」の原因が重なるためにできやすくなるのです。
     

    妊娠線がない人もいる?妊娠線がでやすい人の特徴


     
    じつは、妊娠線はすべての妊婦さんにでるものではありません。
    アンケートにもあるように、3割の人はお肌トラブルもないままに出産を迎えることが出来ます。
     
    妊娠初期からケアをしている人が多いみたいですが、その中でも「妊娠線がでる7割の人」「妊娠線がない3割の人」といます。
    それにはどのような差があるのでしょうか?
     

    妊娠線がでやすい人の特徴を見ていきましょう!

     
    1.体重の増加が12kg以上の人
    ウオーキングなどの適度な運動と食事管理によって体重コントロールが上手に出来ている人は、妊娠線ができにくいようです🎶

     
    12kg以上の急激な体重増加があった場合は、妊娠線がでる可能性が高くなります。

     
    体重増加が8kg以下の人はほとんどできないようですので、急激な体重の変化には気を付ける必要がありそうですね。
     
    2.もともと小柄な人や痩せている人
     
    小柄な人や痩せている人は、もともとの皮膚面積が狭いといえます。
     
    その分普通の人よりもお腹の皮膚が引き伸ばされてしまうために、妊娠線ができやすくなります💦

     
    タレントさん、モデルさんなんかを見ると、もともと凄く細いけど、妊娠線らしきものができてませんよね。
     
    妊娠初期の時から、凄く気を付けてケアをされているのでしょうね🎶
     
    それを見ると、一般人も「妊娠線ができないようにケアする」ということは不可能ではないのです!!

     
    3.多胎妊娠の人

    双子ちゃんや三つ子ちゃんのことを多胎妊娠といいます。
     
     

     
    おなかの中の赤ちゃんが1人の妊婦さんよりも当然ながらおなかが大きくなりますよね。
     
    なので、その分皮膚が伸びてしまい、妊娠線ができやすくなってしまいます(・_・;)

     
    4.アトピー体質の人
     
    アトピーの人はステロイド剤を利用することが多いですが、効果がある分、肌の弾力が弱くなるという副作用があります

     
    「弾力が弱くなる⇒皮膚が伸びにくくなる」ということで妊娠線ができやすくなりますね。

    5.35歳以上の高齢妊娠の人
     
    学生の頃や20代前半のお肌はピチピチですよね。
     
    しかし、人は年齢が上がれば上がるほど、若い頃と比べて肌の弾力がなくなっていきます。

     
    悲しい事ではありますが、高齢妊娠の人は若い妊婦さんと比べると、妊娠線が出来やすいようです。
     
    6.経産婦の人
    一度出産を経験している人を経産婦といいます。
     
    経産婦の人は、初産の人と比べると子宮が伸びやすくなっています。
     
    なので、おなかも急激に大きくなりやすく、妊娠線もできやすいのです⤵


    7.乾燥肌の人
     
    「乾燥肌で肌の表面が乾燥している = すでに肌にひび割れができている」という状態です。
     
    皮膚が伸びにくい状態ということは、脂性肌の人よりも妊娠線ができやすいということなのです。

     
    いかがですか⁉
     
    ここまで見てきたように、妊娠線は一度できてしまったら、なかなかキレイにけすことができません(・_・;)
     
    できやすい人の特徴で当てはまる項目の多かった人は、とくに気を付けて妊娠初期からのケアをして下さいね。

    妊娠線ができる前兆はあるの?

    妊娠線ができやすい人の特徴を先ほど見てきましたが、どうにかできないようにしたいものです。

     
    できてしまったら、なかなか消えない妊娠線ですが、できる前兆というのはあるのでしょうか?
     
    その前兆は分かれば、防ぐこともできるかも⁉

      

    妊娠線は恐くない!妊娠線の6つの予防法


    妊娠線ができないように、もし、できても最小限にとどめるための予防法をご紹介しますね。

    妊娠線予防クリームで保湿ケア


    妊娠線の予防には、まず何をおいても保湿です。
     
    うるおいのある肌には柔軟性や抵抗力があり、皮膚の断裂が起きにくくなります
     
    妊娠線を予防するには、肌を保湿して水分を保つだけでなく、肌の生まれ変わりをサポートするような成分が必要となってきます。
     
    しっかり妊娠線予防をしたいなら、妊娠線予防専用のクリームなどを使用するのが一番です。

    妊娠線予防にはどんな種類がある?

    一般的に売られている妊娠線予防のものには、ローション、オイル、クリームとあって、どれが一番良いのか迷いますよね。

     
    保湿性が高いのはオイルのような気がするけれど、独特なにおいやベタベタした使い心地が苦手な妊婦さんがいます。
      
    ローションではさっぱりとしすぎの気が‥💦
     
    その両方の良い所を1つにしたクリームが「ベルタマザークリーム」です🎶
     
    習慣的に使用して妊娠線予防ケアをするために、自分にあった製品を選ぶことが大切ですね。
     

    「ベルタマザークリーム」はこちらから⇓



    ベルタ妊娠線クリームの6つのポイント


     
    ビタミンとかは何となくお肌にいい!ってイメージですよね。
     
    しかし、「シラノール誘導体」って知ってますか?

    シラノール誘導体は美容効果が高い成分として有名な、コラーゲンを再構築させる効果があります

     
    「コラーゲン」という言葉は皆さん、知ってますよね⁉
     
    コラーゲン=美肌

     
    これは誰もが持っているイメージだと思います🎶
     
    そう!お肌にとって大事な成分である「コラーゲン」ですが、紫外線の影響などで加齢とともに減少していきます💦
     

    子供の肌がきれいな理由はこのコラーゲンがたっぷりと体内にあって、さほど紫外線も浴びていないので、ハリがあって若々しい素肌を保てているんです。
      
    このように加齢とともに減少してしまう「コラーゲン」を修復できる作用があるのが、このシラノール誘導体という成分なのです。

     
    働きはそれだけではありません!
     
    またシラノール誘導体はケイ素として皮膚の中で成分が変化します。そして‥!
     

    コラーゲンの形状保持の働きをしてくれます!

     
    用した人達の口コミでも、使用して妊娠線が予防できると喜びの声が多かったのは納得ですね。
     
    妊娠線は脂肪がつきやすい部位にできるので、お腹だけではなく、バスト・わき・二の腕・太もも・お尻・股などもしっかりケアしましょう。
     
    マザークリームはこちらから出産後に悩む前に

    ベルタマザークリームの高品質な成分

    これだけの成分が、マザークリームには入っています!
     
    これは、妊婦さんだけでなく女性なら使い続けていきたい!と思わせるような商品です🎶
     

     
    しかも普通のヒアルロン酸ではない「スーパーヒアルロン酸」!!!!

     
    本当に潤いそうです💛
     

    妊娠中も安心のマザークリーム!

    いくつになっても体にキズは残したくありませんよね。
     
    でも「待ちに待ったカワイイベイビーのためなら仕方がない」と諦めていた人も多いはず😿
     
    ですが、このベルタのマザークリームは、そんな女性の気持ちの分かったスタッフが思いを込めて作ったクリームなのです。
     



    毎日保湿ケア!


    保湿ケアを毎日行なうことも妊娠線予防では大切です。
     
    たっぷりと塗ってマッサージするようにしましょう。
     
    毎日保湿ケアをするとなると、気になることの1つがお値段です。

     

    妊娠線ケア専用のクリームやオイルはたくさんの種類があり、お手頃価格の商品もあります。
     
    しかし「安い」というだけで飛びつくのではなく、しっかりとした品質、それにあった金額のものを選ぶ必要があります。

     
    そして、送料や購入のしやすさなど色々な意味での続けやすさというものを考えて選ぶようにしましょうね。
     



     

    妊娠線ができてもケアを継続すること!


     
    妊娠線のケアをしっかりしていたとしても、残念なことに妊娠線ができてしまう事もあると思います💦
     
    そんな時、ガッカリして「もういいや…。できたものを消すのは無理よね」なんとケアをやめてしまいたくなるかもしれません。
     
    しかし、妊娠線の程度を最小限にとどめるためにも、保湿ケアを継続することをオススメします
     
    一度できてしまった妊娠線が完全に消えることはありませんが、時間の経過とともに目立たなくなってくるものです。
     

    出産後も保湿ケアを継続することで、より早く妊娠線を目立たなく出来るでしょう。

    諦めない!ベルタ妊娠線クリーム はこちらから

     

    体重管理

    ゆっくりと体重を増やしましょう!

     
    最近では産婦人科などでも、体重管理を徹底して、指導されることが多くなっています。

    体重が増えすぎると、「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」になるリスクが高まるからです。
     
    妊娠中の血糖値については、こちらで詳しく紹介しています。

    妊娠中の血糖値に注意!お腹の中の赤ちゃんや産後に影響の可能性が
    2018.1.15
    妊娠中って「体調」にすごく敏感になりますよね。 ホルモンバランスも違ってきて、体調の変化が激しいので、血糖値に異常がでたり、妊婦さん特有の病気を招くことがあります。 そして、その病気がお腹の中の赤…

     
    そのような病気を招くだけでなく、急激な体重増加は妊娠線のリスクも高めてしまいます💦

    少しずつゆっくりと体重を増やしていくようにコントロールすることが大切です。

    出産までにどのくらい体重増加が良い?

    出産までにどのくらい体重を増やすのかは、妊娠前のBMIによって変わります
     

     
    BMI=妊娠前の体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

     
    です。例えば、身長160cm体重55kgの場合、55÷1.6÷1.6=BMI21.5となります。
     
     
    BMI:18.5未満⇒体重増加9~12kg
     
    BMI:18.5~25.0未満⇒7~12kg
     
    BMI:25.0以上⇒医師に相談したほうが良いかも💦

     
    これがBMIと体重増加の目安になりますので、この数値を目安に体重コントロールしていく形になります。
     
    先ほどもご紹介したように8㎏くらいの体重増加の人には妊娠線がほとんど見られていません。
     
     
    12kg以上の体重増加で妊娠線リスクが高くなるのでご注意を!

    皮下脂肪をあまりつけない努力!

    妊娠中の体重増加は、筋肉よりも皮下脂肪がつきやすいと言われています。
     

    皮下脂肪は伸びにくいので妊娠線を作りやすいのです。

     
    体重管理も兼ねて「適度な運動」によって、脂肪がつきにくい身体を作っていきましょう。
     
    妊娠中にできる運動はヨガだとか色々とありますが、安産のためにはウオーキングが一番簡単ですね。

     
    妊娠とは全く関係ないのですが、私も毎日、ウオーキングをしてストレス発散をしています(⌒∇⌒)
     
    健康にもよいし、ストレス解消にもなるし、歩いたあとは気分が爽快だし、とくにお金がかからないし(笑)、一石二鳥どころか四鳥くらいのメリットがあるのでおススメです🎶

     

    さらに、体力をつけておくことで、お産を乗り切る力もつくし、産後の回復も早まるし、体力勝負の育児にも役立つでしょう!

    このようにメリットいっぱいのウォーキングを、ぜひ、マタニティライフにプラスしてみてはどうでしょうか⁉

     

    お風呂ではお湯に浸りましょう

    お風呂はシャワーですまさずに、お湯に浸かって温まるようにしましょう。
     
    皮膚の血行もよくなりますし、保湿効果のある入浴剤を使えば、一石二烏ですね🎶
     
    お風呂で皮膚の血行が良くなり、お肌に水分がたっぷり補給されたところで、クリームやで保湿ケアすれば効果も倍増です!

    ガードルなどで皮膚を守ること!

    お腹が大きくなってきた時に、腹帯やマタニティ用ガードルで適度にお腹を支えることで、皮膚が伸びすぎるのを抑えることが出来ます。
     

    皮膚への負担が少なくなるため、妊娠線の予防になる場合があります。
     
    ここまで、妊娠線の予防法を見てきましたが、基本は…

     
    ・急激な体重増加を防ぎ、少しずつゆっくりと体重を増やすこと。
     
    ・妊娠線ケア専用クリームで保湿ケアを徹底すること。

    まとめ

    妊娠線の予防方法をみてきましたが、いかがでしたか。
     
    できてしまった妊娠線は、今の進んだ医学にしても完全に消すのは難しいものです💦
     
    逆に、毎日正しくお手入れさえしていれば、モデルさんのように予防するは可能なのです🎶
     
    妊娠線予防のために、体重管理には十分気を付けて、クリームでしっかり保湿ケアをしていきましょう。
     
    そして、妊娠線知らずの“美ママ”を目指してくださいね!
     


    Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    10 − 4 =

    女性の疾患】の最新記事
    • 国産野菜たっぷりで芸能人ママも愛用のおすすめ葉酸サプリはどれ⁉
    • 【子宮内膜を厚くする方法!】薄い原因は?厚くする食べ物やサプリ、治療法について
    • 妊娠線に効果絶大の予防クリームおすすめガイド!選び方や使い方も紹介
    • 妊娠中はなぜ足がむくむの?むくみ解消に効果のある「葉酸サプリ」
    • 妊娠線ができないようにするには?なぜできるかを知って予防しよう
    • 妊娠中の血糖値に注意!お腹の中の赤ちゃんや産後に影響の可能性が

    Twitterでフォローしよう

    この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。