認知症の20~30%を占める病気、それが「脳血管性認知症」です。

     

    脳梗塞や脳出血、クモ膜下出血などの「脳の血管の詰まりや出血」によっておきる病気を「脳血管障害」といいます。
     
    その「脳血管障害」によりおこる脳細胞の死滅によって、認知症を発症することがあり、それを「脳血管性認知症」と呼びます。

     

    脳や血管のことは難しいと思いがちですが、のこのページでは脳血管性認知症の特徴や症状、治療法などについて分かりやすく紹介していきたいと思います。

    脳血管性認知症とは

     
    脳血管性認知症は、アルツハイマー型認知症に比べて、男性の割合が高い(女性の約2倍)と言われています。
     
    脳血管障害になることによっておこる認知症なので、若い世代の発症も見られ、この場合「高次脳機能障害」と診断されることもあります

     
    高次脳機能障害は機能回復への見込みが高い障害です。
     
    それに比べて「脳血管性認知症」は機能低下が徐々に継続していく違いがあると言われていますが、ほぼ同じ症状が出現します

    脳血管性認知症が起こるしくみ

    「しくみ」を知りましょう!

     

    脳には栄養や酸素を運ぶため、血管が樹木の幹や枝のように細かく張りめぐられています。

     

     

     
    脳細胞は栄養不足、酸素不足にとても弱い場所です。
     
    なので、何らかの原因(脳梗塞や脳出血など)によって血行が阻害されると、阻害部分より先の脳細胞が死滅し、死滅範囲や部位によって色々な症状が表れます
     
    そうした症状の一つとして「脳血管性認知症」が表れるのです💦

     
    脳血管障害の治療が進歩した現在では、死亡率は低下し、脳血管性認知症も減少傾向にあります。
     
    そうは言っても、認知症の方の1/4以上は「脳血管性認知症」であるといわれていて、アルツハイマー型認知症との「混合型」もみられます。
     
    大きな発作まではいかなくても、小さな梗塞(微小脳梗塞)によって、自覚なく「脳血管性認知症」になっている場合もあるのです💦

    脳血管性認知症の原因は?


    先ほどもお話ししたように、脳の血管の病気になると、脳の血管が詰まったり出血したりします。
     
    そうなると、脳の細胞に酸素や栄養が送られなくなるため、細胞が壊れてしまい、本来細胞がおこなっていた機能を失うことで「認知症」が起こります。
     
    その血管の病気を引き起こす原因は「動脈硬化」です!
     

     
    動脈硬化の危険因子として、高血圧、糖尿病、心疾患、脂質異常症、喫煙などがあります。
     
    「脳血管性認知症」は、生活習慣によって引き起こされるといえるでしょう

      

    性差では、女性よりも男性のほうが多く発症していると言われています。

    生活習慣の改善はこちらから!

    <機能性表示食品>中性脂肪や血糖値を抑える【厳選青汁premium(プレミアム)】

    どのように進行するの?

     
    「脳血管障害」(脳梗塞や脳出血など)を起こした後は、認知症状が急激にあらわれ、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら進行します。

     
    脳梗塞などの場合は、発作が起こるたびに症状も進行するので、「発作を防ぐための予防」が必要です。
     
    症状があらわれない「無症候性脳梗塞」を何度か起こした場合は、徐々に認知症状が現れてくることもあります。
     

    症状は障害を起こした脳の部位により違います。

     

    アルツハイマー型認知症と併発している場合も

    アルツハイマー型認知症とは‥

     
    脳にアミロイドβやタウと呼ばれる「特殊なたんぱく質」がたまって、神経細胞が壊れて死んでしまい減っていく為に、認知機能に障害が起こる認知症です。
     
    徐々に脳全体も委縮していき身体の機能も失われていきます。

     
    アルツハイマー型と診断された高齢者の中には血管障害を起こしている患者も多いと言われています。
    そのような場合には、「脳血管性認知症」の症状をおこすこともあります。
     
    このように脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症を併発した場合を、混合型認知症と言います。

    脳血管性認知症の症状の特徴

    脳血管性認知症には、一体どのような症状・特徴があるのでしょうか⁉
    主なものを見ていきましょう!

    まだら認知症

    脳梗塞や出血などの脳血管障害によって細胞が壊れた部位は、機能が低下します
     
    このような場合、正常な部位の能力は機能しています。
    なので、物忘れをしたり計算が出来なくても、判断力やその人が今まで培ってきた専門知識などは維持されている場合があります。
     

     
    このように障害される能力と残っている能力がある状態を「まだら認知症」と言います

     
    意欲もなくボーっとしていて何も出来ないで、抑うつ状態がみられるような時があるかと思えば、意識もはっきりしていて、出来ないと思っていたことが出来る時もあります。
     
    このような状態が1日の中でも変化して、症状に波があります。

    介護者はそのことを理解して接することが重要です。

    感情失禁

    感情がコントロール出来なくなるので、すぐに泣いたり怒ったりします。
     
    普通の会話をしているだけなのに、急に泣き出したり、悲しくないのに涙することも💦
     

    笑顔が見られ機嫌が良さそうな時も、声をかけると急に怒り出すというようなことも珍しくありません。
     
    ※落ち着いていても急に悪化するなどの症状もあるので注意が必要です!

    変動が大きいことも特徴です!

    その他の色々な症状

    脳血管性認知症の症状は‥

     
    運動麻痺や感覚麻痺、歩行障害、言語障害、嚥下障害、排尿障害、夜間せん妄など、他の認知症と大きな違いはありません。
      
    ただし、脳の障害を受けた部位によって出現する症状はちがってきます。

     
    具体的には‥
     
    ・服の前後や上下を認識出来ず逆さまに着る
    ・物が何かわかっていても、口に出そうとすると言葉が出てこないなどの症状が現れます。
     
    ・麻痺が無くても、お箸や歯ブラシの使い方がわからなくなる
    ・手元で作業をしていても、近くで声がするとそちらが気になり集中出来ないなどの症状も見られます。

     
    症状を抑えるためには‥⁉
     
    脳血管障害の再発予防に取り組みましょう!

     

    高血圧、糖尿病、脂質代謝異常、心疾患などの治療や生活習慣を改善することが重要となります。
     
    リハビリテーションをして、麻痺の改善を図ることも生活の質を向上するためには、とても大切な治療です。
     

    生活習慣の改善はこちらから!

    <機能性表示食品>中性脂肪や血糖値を抑える【厳選青汁premium(プレミアム)】

    脳血管性認知症の症状と進行

    先ほどの「脳血管性認知症の症状の特徴」とダブルところもありますが、症状・進行状態を見ていきたいと思います。

     

    脳血管性認知症は‥

    ・物忘れなどの記憶障害
     
    ・時間や場所や人物の認識がうまくできなくなる見当識障害
     
    ・ものごとを計画立てて順にこなすことが困難になる実行機能障害

    など他の認知症の類型と同じ症状も多くみられますが、以下のような「脳血管性認知症に特有の状態」もみられます。

     
     
     「脳血管性認知症に特有の状態」とは…

     
    ・色々な症状が併発しやすい
     
    ・脳細胞の死滅した部位に対応して、認知症状だけでなく、運動麻痺、知覚麻痺、言語障害など多様な症状が伴うことが多くあります
     
    ・低下機能と残った機能の偏りが大きい(まだら認知症
     
    ・障害されていない部位の機能は保たれるため、できることとできないことの差が大きいのも特徴です。
     
    ・症状の変動が大きい
     
    ・一日のうちでも、その時の体調でできなかったことができるようになるなどの症状の変化がみられます。
     
    ・症状に対して本人の自覚が強く、抑うつや怒り、投げやりな態度になりやすい
     
    ・「できること、わかること」と「できないこと、わからないこと」の差が激しく、その自覚(病識)もあるため、ご本人は悲しみや、歯がゆい思いを強く感じています。
     
    ・感情のコントロールが利きにくい

     
    感情のコントロールについては、怒りや悲しみなどが表出しやすくなる(感情失禁)だけでなく、うつ状態もおこる可能性があります。 
     
    また、適切な支援や環境がない場合は、これらの中心的な症状が進む可能性があります。
     
    その場合、うつや無気力、妄想や幻覚、暴言や暴力などの行動・心理的な二次的な症状に発展する可能性があります。

    ※これは、アルツハイマー型認知症など他の認知症と同じです。

     
    「アルツハイマー型認知症」の進行は、徐々に進行していきますが、「脳血管障害」の場合は‥⁉

    初 期



    ご本人や周囲も次第に「もの忘れ」の症状に気がつきます。
     
    しかし、症状には波があり、障害を受けていない機能は保たれているので、まさか自分や家族が認知症になったとは思わないので、症状の発見が遅れる傾向があるのです💦
     
    また、以下のような「周囲や物事を認識して、働きかける機能の障害」が、アルツハイマー型認知症に比べると比較的早期からみられます。
     

    1.失行

     
    運動機能に異常はないのに、簡単な日常動作ができなくなります。
     
    例)
    ズボンを下す
    シャツに頭と袖をそれぞれ通す
    ボタンをかけるナド‥
     

    2.失認

    目や耳など感覚器に異常はないのに、それを「意味ある対象」と認識できない状態が現れます。
     
    例)
    ・お茶の入った湯飲みが見えている
    → 「飲むもの」「飲むための道具」と認識できない
    → 手を湯飲みの中に入れて逆さに持ち上げてしまう。
     
    ・視野の半分が見えているのに認識できない(半側空間失認)
    → 料理がお皿の半分側に残っているのに食事を終了してしまう。

     

    3.失語

    聴覚や発声に異常はないのに、言葉を話す、聞く、読む、書くことができなくなる状態もみられます。
     
    例)
    流ちょうに喋っているようで内容に意味が伴わないので、何を言っているのかわからない。
     
    ・聞こえているのに相手の言っていることが理解できない。(感覚性失語)
    ・聞こえていて意味も理解できるのに、自分が話そうとすると話せない。(運動性失語)
     
    これらの症状は、患者さん本人も「当たり前にできるはずなのになぜかできない」と認識していることも多いのですが、周りの人にはわかりづらいものです。
     
    患者さん本人は理解されないことにいらだち・混乱・不安を感じますし、ご家族はなぜできないのかと苦しむことが多い時期でもあります💦

    中期以降

    心身のリハビリテーションを継続して取り組みながら、脳血管障害の再発防止が主な課題です。
     
    ・運動麻痺
    ・知覚麻痺から起きる転倒などからおこる「心身の悪化防止」
    ・嚥下障害による「誤嚥性(ごえんせい)肺炎」防止
    これらのことが、進行を食い止めるカギとなります。
     

    誤嚥性(ごえんせい)肺炎とは?…
    飲み物や食べ物・唾液などが誤って器官に入ってしまうことで肺に流れ込むことです。
     
    ただし、高齢期の脳血管障害では、小さな梗塞などが自覚症状のないまま増加して、少しずつ心身の機能が低下していくという、アルツハイマー型認知症に近い経過をとることもあるので、注意が必要ですね。
     


    脳血管性認知症の診断・治療

    診 断

    多くの場合、脳血管障害発生後に脳のCTやMRIによる画像診断で障害部位を把握します。
     
    そして、「認知機能にかかわる部位の損傷」と、「それに対応する認知症症状が発症した時」に診断が下されます。

    脳の血流量の測定は⁉

     
    脳の血流量の測定は、「血流量シンチグラフィー」などによって測定することがあります。

    脳の血流量が低下していると、「脳機能低下」がおこっていまうので、必要に応じておこないます。

     

    治 療

    死滅した脳細胞をよみがえらせることはできません💦

    その点では根本的治療法はないともいえます。
     
    しかし、脳は隣接した箇所が代わりに機能するなど、機能の可塑性(かそせい)があることがわかっています。
     
    可塑性(かそせい)‥「元に戻る可能性があること」をいいます。

     

     
    脳血管障害の再発防止と転倒・肺炎等の予防に努めながらリハビリテーションに取り組むことができれば、機能の回復と維持が可能です。

     
    「機能の回復と維持」のためには‥
    ・血圧や血糖などをコントロールするなど医療との継続的なかかわりが必要となります。
     
    ・麻痺や失語症など幅広い症状が併発するので、理学療法士、言語聴覚士など、色々なリハビリテーション職の支援も多く必要になります。
     
     
    脳血管障害再発予防のため、高血圧薬脳血流改善薬などを服薬することになります。
     
    初期は、「症状を自覚する」ということから「抑うつ状態」や「無気力状態」になることがあります。
    そのようなときは、対症療法として抗うつ剤などの処方も考えらるでしょう。

    脳血管性認知症の方への対応

    初期段階の場合、自分が認知症であることを認識していることもあります。
     
    しかし、「これくらい出来ないの?」「どうしてわからないの?」などという言葉を投げかけられても、本人はどうする事も出来ません。
     
    認知症で出来ない事が増えていくことを自覚するのは、本人にとってはとても辛い状況です。
     
    そのことに配慮し、辛い状況を受け止める言動を心がけましょう。

    環境整備

    環境を整えてあげましょう!

    脳血管性認知症の人にとって、運動麻痺、知覚麻痺による転倒防止は日常生活上の大きな課題です。
     
    なので、福祉用具の活用や設置などに気を配って、患者さん本人に合った住環境を整えることは、とても大切です。
     
    一本の手すりを付けることで、自分で出来ることを増やしたり、ご家族の負担を軽減することもあるのです。

     
    介護のまめ豆知識・認知症・お金の悩みは「介護の相談」で解決しよう!

    感情の変化のポイントをつかみましょう

    感情失禁がみられるため、落ち着いていても急に悪化することがありますが、本人にとっては理由がある事も多いのです。
     
    例えば、調子が良さそうだからとトイレに誘ったら、急に怒り出すということもあります。
    それは、トイレ誘導への拒否ではなく、気持ち良い時に声をかけられ、邪魔されたと思ったからかもしれません。
     
    なかなか難しいことですが、本人の感情の変化のポイントをつかむことで、介護をしやすくなります。

    介護サービスを利用し介護負担の軽減をしましょう

    脳血管障害により、麻痺や障害によって身体機能が低下する場合があります。
     
    歩行が困難になったり、排尿障害で尿失禁が見られたり、嚥下障害が出る事もあり、介護する側の負担も大きくなります。
     
    身体の大きな男性を介護する場合では、介護者が倒れてしまうというケースも少なくありません。
     
    そうなる前に、地域包括支援センターに相談し、ケアマネジャーの選定、介護サービスなどの利用を検討し、負担を少なくしましょう。
     

    負担軽減が介護を長続きさせるコツですね!

     
    介護は遠いようで近い未来、「介護の相談」で専門家にきちんと相談しよう!

    患者さんへの対応


     
    「脳血管性認知症」の人に対してより重視したい対応のポイントは以下のとおりです。

     
    ・能力のアンバランスさを理解し、できないことを責めず、苦しみに共感する。
     
    ・感情失禁や感情の波に巻き込まれず、理解しながらも距離をとる。
     
    ・生活習慣のコントロールやリハビリテーションは気長に、過度な期待はせずに取り組む。
     
    ・失語や麻痺によるコミュニケーションの障害を理解する。

     
    「脳血管性認知症」とともに生きるには、あらわれた症状に応じて、色々なサポートを柔軟に利用することが大切です。
    そして、再発防止もリハビリテーションも気長に、頑張りすぎないことが必要です。
     


    脳血管性認知症の予防


     
    認知症の背景にある「脳梗塞」などの疾患にならないように注意をする事が、一番の予防策と言えます。
     
    脳梗塞や脳出血などの原因は、生活習慣病によるものが多いとされています。
     

     
    生活習慣病とは、高血圧や脂質異常症や糖尿病などで、運動不足や過食、ストレスなどから起こるものです。
     
    なので、生活習慣の見直しが大切になります。
     
    バランスの良い食事をし、適度な運動をしましょう。

     

    また、血糖値が高いと言われている人は、定期的な受診をして糖尿病にならないように注意しましょう!

    症状を軽減するには

    リハビリを行いましょう

     
    1.脳梗塞などと同様に、脳血管性認知症でもリハビリテーションで脳を活性化させましょう
      症状の進行を緩やかにすることが期待出来ます。
     
    2.音楽を聴く、一緒に歌う、絵本などを読むなど、発症前に興味や関心があったことを活かしてリハビリテーションに取り入れることが大切です。
      楽しみながらリハビリテーションを行うことで脳が活性化します。

     


     
    多彩な症状を併発しやすい脳血管性認知症の人にとって、
    ・心身の機能を改善・維持するためにも、理学療法士による「運動機能のリハビリテーション」
     
    ・言語聴覚士による「言語機能のリハビリテーション」はとても大切です。
     
    患者さん本人に無理がなければ、老人保健施設のショートステイなどを活用し、日常のリハビリテーションの効果の点検や、ご家族の負担軽減を行うのも良いでしょう。
     

    受診を欠かさず、治療を受けてください

     
    もともとの病気の脳血管障害に対する治療を継続しましょう。
     
    梗塞が起こった人には、その後も小さな梗塞が起こりやすく、再発する恐れがあります💦
     
    小さな梗塞でも、認知症の症状が悪化してしまうこともあるのです。
     
    定期的な受診を欠かさず、また日々の変化の中で何かおかしいと気付いた時にはすぐに受診しましょう。
     
    いつもより反応が鈍いというだけでも、梗塞が起きている場合がありますよ!

    過度な生活管理・リハビリに注意!

    生活管理やリハビリテーションは、いき過ぎると、患者さん本人にもご家族にもつらく重い負担となります。

     

    患者さんがうまくいかない苦しみや、改善しない失望感にとらわれると「セルフネグレクト」という事態も引き起こしかねません。
     
    「セルフネグレクト」とは‥

     
    自身の生活に必要な、衣食住の管理やサポートを放棄したり、拒否したりしてしまうことです。

    多量に飲酒したり服薬を中止するなど、自暴自棄になり自ら事態の悪化を招く行動をすることもあるのです💦
     
    なので、何事も「ほどほど」が大切ですね。

     
    介護は遠いようで近い未来、「介護の相談」で専門家にきちんと相談しよう!

    脳血管性認知症に有効と認められた薬があります

    現在、脳血管性認知症は、「あらわれている症状への対処療法」を行うことが治療となります。
     
    認知機能障害や周辺症状を和らげる薬はいくつか存在します。
     
    医師の診断に基づいて治療が行われますので、主治医に日頃の様子を細かく伝えて、相談の上服用することが大切です。



    Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    nine − two =

    脳血管障害, 認知症】の最新記事
    • 中高年のための葉酸サプリで動脈硬化・認知症の予防を!
    • ゲンキの時間で紹介「健康カプセル」長寿ホルモンDSアディポでがん予防!
    • かくれ肥満も撃沈!糖尿病など生活習慣病の気になる方はアディポネクチン
    • 危ない!後遺症が怖いインフルエンザ脳症(症状や危険性、注意点)
    • 突然死の可能性がある「血糖値スパイク」痩せていてもなる可能性が
    • 【頭部外傷の基礎知識Ⅵ】頭を怪我すると精神症状が出ることが⁉

    Twitterでフォローしよう

    この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。