「もしかして妊娠しにくい原因がある?」

    そう思ったときに、助けになるのが不妊治療です。

    不妊治療は「治す」というよりも「サポート」してくれるものです。

    自分たちなりにいろいろやってみたけれど、妊娠する気配がないときには、医療の力を借りることも必要ではないでしょうか⁉

    「不妊治療」というと、「人工授精」や「体外受精」など、人工的なイメージをもつ人が多いでしょう。
    しかし、そうした治療をしなくても、その前の段階、たとえば検査を受けている期間に妊娠する人は数多くいます。
    ここでは、不妊治療の基本的な考え方を紹介していきますね。

    不妊治療とは…

     
    妊娠しにくい不妊原因を治療する

    妊娠する確率を高める(卵子と精子を出会いやすくする)

    妊娠に至るプロセスをバイパス(迂回)する



    不妊治療は、悪い部分を手術で取りのぞいたりという治療とは、ちょっと違います。
    もちろん、そのようなケースもありますが、ごく少数です。
    それよりも、男性、女性、それぞれが本来もっている生殖機能がうまくはたらくように、条件や環境を整える、そのための「サポートする」というのが、不妊治療の考え方です。

    さまざまなアシストの一つとして、「タイミング指導」や「薬による治療」、「人工授精」などの一般不妊治療があり、より高度な方法として「体外受精・顕微授精」などの生殖補助医療があります。

    妊娠しにくい不妊原因を治療する
     不妊の検査で、原因と考えられるものが見つかったら、それを治療します。
    たとえば、「排卵しない」「排卵しにくい」のであれば、「排卵誘発剤を使って排卵を促す治療をする」などです。


    妊娠する確率を高める(卵子と精子を出会いやすくする)
     病院でおこなうタイミング指導では、超音波検査やホルモン検査などで、正確な排卵日を推測して卵子と精子を出会いやすくします。
    また、排卵誘発剤を使って複数の卵胞を育てたり、確実に排卵させるなどの治療で精子と卵子が出会うチャンスを増やします。


    妊娠に至るプロセスをバイパス(迂回)する
     妊娠する確率を高める②の方法の一つで、卵子と精子を出会いやすくするために、妊娠に至るプロセスの一部をバイパスするものです。

    ・人工授精…「射精された精子が子宮に到達する」プロセスをバイパスする
    ・体外受精…「精子と卵子が受精して、受精卵が卵管から子宮へと移動する」プロセスをバイパスする


    これらによって、これまでの検査ではわからなかった不妊原因が見つかることがあります。
    体外受精ならば「受精しているかどうか」が治療により確かめられます。

    バイパスすることで、その部分に原因があっても、なくても、それを飛び超えることができるので、妊娠のためのハードルを1つクリアしたともいえます。
    卵管がうまく機能していない場合には体外受精が、精子と卵子が受精しない場合には顕微授精が、問題部分のバイパスに威力を発揮します。

    とはいえ、バイパスしたからといって、必ず妊娠できるわけではありません。

    妊娠のメカニズムはまだわかっていない部分も多いのです💦

    また、もともと体外受精の妊娠率は20〜30%程度であり、不妊治療をしたからといって全員が妊娠できるわけではないのです。

    納得した治療  

    医師から、検査の結果や治療方針、治療の見通しをよく聞いて、納得した上で治療を受けましょう。

    みなそれぞれ状況が違い、求めるものも違うため、不妊治療に特定のモデルケースはありません
    多くの人が受ける基本的な流れはありますが、それはあくまでも参考と考えましょう。
    どんな治療を、どんな順番で、どんなペースで受けるのかは、それぞれのカップルが決めることです。

    治療を始めて、すぐに妊娠・出産できればいいのですが、治療を繰り返しても妊娠しないケースは少なくありません。
    そのときには、次の治療をどうするか、治療の休みや終了など、カップルで話し合う必要が出てきます。

    医師が提供する選択肢から、自分にあった選択や判断をするためには、不妊治療についてある程度知っておくことも大切です。

    いつから始める?

    なかなか赤ちゃんが授からないと、病院に行って相談したほうがいいのか、いつ行けばいいのか、気になるものですよね。

    他の病気とちがって、自覚症状がないことがほとんどであったり、女性にとっては内診が恥ずかしいという思いから、病院に行く気になれず、先延ばしにすることもあったりしますでしょう。

    病院にいって相談する一つの目安としては…?

    そのように、思ったときだといえるでしょう。
    そして、二人が「治療を受けてでも子どもが欲しい」と気持ちが一致したときです

    具体的な目安

    「そろそろ受診を考える?」という目安を具体的に紹介します!

    妊娠を意識してから1年以上

     自分でタイミングをはかっているにもかかわらず、1年以上妊娠しないのなら、妊娠しにくい原因があるのかもしれません。
    また、自分なりにタイミング法にトライしているのに妊娠しないのなら、予測した排卵日がずれている可能性もあります。
    妊娠しにくい原因がないかどうか、検査をしてみてもいい頃だといえるでしょう。


    妊娠しにくい原因がありそうなケース
     排卵が起こっていなければ、いくら努力しても妊娠はできません。
    目安は、基礎体温表に高温期が見られずフラットな状態な場合、バラバラになる場合は、排卵していない可能性があります。

    また、月経不順や無月経が続くときは要注意です。
    日常生活に支障をきたすほどの月経痛、不正出血がたびたびある、婦人科の病気をしたことがあるなども、早めに医師に相談したほうがいいでしょう。


    女性の年齢が35歳以上
     女性の年齢は、妊娠と深い関係があります
    妊娠しにくい原因のもっとも大きなことは、卵子の老化であり、その多くの原因は、女性の加齢です。


    また、体外受精では、35歳以降は妊娠率が下がります。
    もちろん、35歳以上で自然に妊娠・出産する人はたくさんいますし、受診しないで自然にまかせても妊娠するかもしれません。

    ただ、あとになって「もっと早く受診すればよかった」と後悔しないためにも、年齢のリスクを考えて、早めに検査を受けておくほうがよいでしょう。

    まずは、妊娠をさまたげている原因はないか、それを突きとめる検査から始まります。

     不妊治療は、すぐに原因が明らかになって、その原因の治療を進めるというケースは意外と少なく、検査を繰り返しながら、これまで妊娠しなかった原因を探していくのが一般的です。


    また、とくに原因が見あたらない場合でも、妊娠を目指す治療はできます。
    受診すると、月経周期に合わせていくつかの検査を行いますが、並行して排卵日を予測してセックスをするタイミング法(タイミング指導)をおこなうことがほとんどです。
    子どもを望んで通院しているのだから、効率よく検査と治療を同時進行するのが目的です。

    妊娠しにくい原因があるかないかわからず不安になるよりも、一度確かめて、その上で治療をする
    または、しない、どこまで治療するのかなど、
    二人で話し合って、後悔しないようにすることが、大切なのです

    病院選び

    晩婚化の影響で、日本では不妊治療を行う病院の数がどんどん増えています。
    しかし、どこにかかっても安心かといえば決してそうではなく、子供が授かるどころか不愉快な思いをしただけで、結局何百万もの治療費が無駄になってしまった・・・なんていうこともあるので注意が必要です💦

    病院を受診するにあたり、自分たちが治療に何を求めるかを、ある程度はっきりさせると病院選びがしやすいといえるでしょう。

    「妊娠しにくいと感じる」「気になる症状がある」「女性の年齢が高い」「高度な医療も視野に入れている」という場合は、「不妊専門クリニック」や「不妊外来」などのある病院を訪ねるのが、妊娠まで回り道が少ない可能性があります。

    産婦人科は、産科と婦人科の合成語なのですが、ほとんどの場合は一緒にされています。
    じつは産科のなかには色々な専門領域があり、また婦人科でも様々な専門領域があります。
    不妊症治療は婦人科基礎研究のなかの内分泌や発生学といった分野になります。
    だから大学でこの分野の基礎研究をされていた先生が不妊症治療の得意な先生になることが多いようです。

    しかし産婦人科の先生方は普通、診療所や一般病院での通常の診療においてお産や更年期障害や子宮内膜症、子宮筋腫やガンなどいろいろな患者さんが来るので、全部をこなさないといけない状態になっています。
    だから不妊症の治療だけを深くすることがなかなか難しい状況です。

    また、不妊が得意でない先生が多いのでまず不妊症かなと思ったら、病院選びはとても重要なのです。
    ここでは、具体的にどのような点に注意して病院を選べば良いのかを紹介していきますね!

    病院の種類と特徴

    不妊治療といっても、さまざまな病院やクリニックがあり、迷ってしまうものです。

    ここでは、それぞれの一般的な特徴を紹介していきますね!

    大学病院・総合病院

     
    メリット
    ・産科があれば、妊娠後も引き続き受診できる。
    ・他にも多くの科があり、持病などがあった場合、連携がとりやすい。
    ・医療設備が充実していることが多い。

    デメリット
    ・一般的に待ち時間が長く、診療時間は短い。
    ・担当医が診察のたびにかわることがある。
    ・妊婦さんと待合室で同席することも。
    ・診療時間が限られているため、通いにくい場合もある。


    産婦人科・個人医院など]
     
    メリット
    ・産科があれば、妊娠後も引き続き受診できる。
    ・自宅の近くで見つけやすい。
    ・担当医は同じことが多い。

    デメリット
    ・不妊治療に詳しい医師がいるとは限らない。
    ・体外受精など高度な医療を行っていない場合も多い。
    ・妊婦さんと待合室で同席することもある。

    不妊専門クリニック

     
    メリット
    ・不妊治療が専門、治療水準があるていど期待できる。
    ・体外受精など高度な医療を受けられる。
    ・胚培養士など、不妊のスペシャリストがいる。
    ・カウンセラーがいる場合もある。
    ・夜間診療、長時間の診察時間など、通いやすい面もある。

    デメリット
    ・都市部に集中していて、通いにくい場合もある。
    ・初診が予約の場合、数カ月待ちという場合もある。
    ・自由診療が多く、金銭的に負担が大きいこともある。
    ・妊娠したら転院が必要となる。
    ・入院設備はほとんどない。

    病院を選ぶ参考に7つのポイント

    自分たちが、治療に際して何を重視するかによって、病院選びのポイントは違ってくるでしょう。

    病院選びの7つのポイントを紹介します!

    (ポイント1)通いやすさ

     不妊治療は、自分の都合で進められるとは限りません。
    卵胞の成長具合、ホルモンの状況などによっては、仕事やさまざまな用事よりも優先させなければ
    ならないことも出てきます。
    そのとき、通院しやすさは重要なポイントになります。

    自宅と病院まで、または職場から病院までの交通機関は何を使い、時間はどれくらいかかるか。
    マイカーを利用する場合には、駐車場の問題などもあります。
    それぞれの費用も合わせてチェックしておくといいでしょう。
    また、診察時間は自分の生活スタイルに合っているかどうかをチェックしましょう。



    (ポイント2)治療方針
     施設によって治療方針・治療法が異なります。
    とくに不妊専門クリニックは、独自の方法を取り入れている施設が増えています。
    自分がのぞむ治療方針や治療法と合っているか、前もって確認できればしておきましょう。


    (ポイント3)治療成績の公開
     どのような治療法で何人くらい妊娠したか、それを公開しているかを、確かめてみましょう。
    体外受精であれば、年間の実施件数や年齢・年代ごとの妊娠率などを聞いてみるといいでしょう。

    ただ、治療成績は、病院、クリニックごとに算定方法に違いがありますので、あくまで参考にするという意味で、確かめてみましょう。



    (ポイント4)メンタル面のサポート
     不妊体験や不妊治療は、長くなればなるごど、つらく傷つくことが多くなります。
    不妊カウンセラーなど、メンタル面でサポートする施設も増えています。

    最近は、多くの不妊治療を行なうクリニックで勉強会や講習会をおこなっています。
    妊娠や不妊のこと、不妊治療に関することをいろいろを説明してくれたり、個人的な質問に答えてくれたりしますので、気になるクリニックがあったら何件か出かけてみましょう。

    その際、できるだけご夫婦でいけるようスケジュールしましょう。
    不妊治療は、子どもを授かるための治療、夫婦の治療ですから、お互いが同じ情報を共有すること、わかり合うことが大切です。

    治療は女性中心になりますから、病院選びは二人でしてほしいものです。



    (ポイント5)治療費など
     不妊治療では検査の多くは保険適用ですが、専門的な検査は自費負担のこともあります。
    また、人工授精や体外受精には保険が適用されませんから、一度に数十万円ものお金がかかります。

    しかし、これらの料金は病院側が自由に決めているものなので、大学病院のように比較的安価な場合もあれば、目玉が飛び出るほど高額なクリニックもあるというように差が激しいのです。

    もちろん、大金を支払っただけの結果が出るのなら惜しくはないのですが、料金の高い病院なら技術が高いとは限らないのです。
    夫婦でよく相談し、万が一治療が長引いても通い続けることのできる病院をえらぶことが必要です。
    また、治療費とは別に、交通費などもかかります。


    (ポイント6)男性の場合
     基本検査(精液検査)だけなら女性とともに婦人科で受けることができます。
    ただし、不妊専門クリニックの中には男性不妊外来を設けているところもあります。
    本来は、男性不妊を専門とする泌尿器科医の診断を受けます。


    (ポイント7)医師との相性
     なによりも大切なのが担当してくれる医師との相性です
    受診のたびにストレスがたまるような医師との関係では、通院がつらくなります。

    腕の良し悪しはもちろん、きちんと話を聞いてくれるか、無理に治療方針を押し付けないか、などについても細かくチェックしてほしいところです。

    また、予約電話や受け付けでの対応が良くないところは診察態度もそれなりという場合が多いので、感じが悪い、安心して任せられないと思ったらその病院は避けたほうがよいでしょう。



    通院するうちに、「なにか違う」「ここではできない治療をしたい」と思うことも出てくるかもしれません。
    そんなときは、転院を視野に入れることも必要です。

    治療にどう向かうか、基本の方針を決めておき、あとはその都度、二人でよく話し合って取り組んでいくことが大切です。

    不妊治療の体験談

    昔は、結婚したら自然に赤ちゃんは出来るものというイメージがあり、子供のいないカップルのほうが少なかったのですが、現代は違います。
    私も、不妊治療を経験した一人です。

    私の場合は、ダイエットはしていなかったのに精神的ストレスから体重が35㎏まで落ち、月経もとまった状態で、婦人科にいったものの、その医師との相性も悪く、薬の副作用もつらかったため、月経をおこす治療をやめてしまったのです。

    そこで、何件でも行って自分にあう治療をしてくれる病院を探せばよかったのですが、その時に妊娠をのぞんでいなかったので、悠長にかまえて、「いつか自然に生理もくるよね」くらいにしか思っていませんでした。

    しかし、自然にはこず、何年もそのままで、「子供がほしい」と思ったときにクリニックにいったのですが、そのような状態からのスタートはかなり大変でした。

    不妊治療というのは、始めてすぐに妊娠できる人ももちろんいますが、長期決戦になることが多いのが現実です。
    私の場合ばホルモン治療、排卵誘発剤をうっての排卵をおこす治療などのタイミング治療のみを何年もし、副作用に苦しみました。
    何が原因という確実なものはなく、ただひたすら、それをくり返しました。

    排卵をおこす前は、1週間から10日くらい毎日、注射に通い、排卵をおこす数日前から検査を繰り返し、仕事の合間の通院にかかる時間や副作用との戦いでした。
    また、検査をすれば4000~5000円かかり、それが1日おきとかになると金銭的にも大変です。

    結局、薬の副作用で、体がボロボロになり「もう、無理」と思い断念しました。
    やはり、「良い畑には立派な野菜が沢山できる」とおなじように、母体が健康でないと赤ちゃんも授かれませんし、授かったとしても流産してしまいます。
    それをすごく感じ、とにかく自分の体を治してしくことが先決だと感じたのです。

    友人も不妊治療をうけた人が、数人います。
    そのなかで、妊娠できたのは、たった一人です。
    あとは、何年も治療をうけ、年齢的なものであきらめた人がほとんどです。

    体外受精などは、金銭的にも大変で、ボーナスをつぎこんではおこなっていたみたいですが、
    やはり、みんな「出口のみえないトンネル」で、やめどき、あきらめどきが思いきれないのです。

    また、不妊治療は、ほとんどの場合、女性にだけかなりの負担になると感じました。
    今振り返ってみると、とても悲しいことですが、一人で不妊治療と戦ったという感じがします。

    男女ともに言えることですが、ストレスが本当に身体にはよくありません。
    ストレスを抱えながらの不妊治療を乗り切るには、心の支えあいがとても重要になってきます。

    男性側がストレスをうけた人では、最初はあった精子が治療をくり返すうちになくなったというケースもあります。

    私や私の友人が本格的に治療を始めたのは、35歳をすぎてからでした。
    「そろそろ、ヤバイかも」と焦り始めるのが、そのくらいの年齢からなのでしょう。
    しかし、35歳をすぎると一気に妊娠率はさがってしまうのが現実です。

    そして、すぐ妊娠できる人もいれば、私たちみたいに、なかなか妊娠できない人も大勢います。
    まだまだ、年齢的には大丈夫だからと思って不妊治療をしていない人もいると思いますし、病院にいってみようかと迷っている人もいると思います。

    なかなか、病院に行く気になれないというのも良くわかります。
    しかし、「あの時、あれをしておけば良かった」とか、後になって悔やむことがないように、二人で話しあって、協力しあって、不妊治療をして欲しいという気持ちでいっぱいです。

    Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    18 − 15 =

    不妊症】の最新記事
    • 国産野菜たっぷりで芸能人ママも愛用のおすすめ葉酸サプリはどれ⁉
    • 【子宮内膜を厚くする方法!】薄い原因は?厚くする食べ物やサプリ、治療法について
    • 精子の老化を防ぐには⁉サプリ嫌いのオトコの妊活は何を飲むべきか
    • 妊活中・妊娠中の人必見!葉酸サプリの副作用や注意点・飲み合わせ
    • 【40代で妊娠力UP】高齢出産のリスクと今からしておいた方がいい事
    • 基礎体温がガタガタな人が妊娠しやすい体にする方法

    Twitterでフォローしよう

    この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。