「なぜ、妊娠しないの?」
    そう思われている人のなかには、治療している人、していない人、どちらもいらっしゃるはず。

    そして現在、治療をしていない人のなかには「なかなか妊娠しないけど、どこか悪いのかな?」と不安でありながらも病院に行くことをためらっているという人もいるのではないでしょうか?

    じっさい、なかなか妊娠しないのは、どこかに問題があったりと色々な原因があるはずなのに、現在の医学では、まだ解明されていない部分が多いのも現状なのです。
    しかし、「これは妊娠を遠ざけてしまう」というものがあるのも現実です。
    ここでは、その妊娠を遠ざけてしまう原因になるものを紹介していきたいと思います。

    【女性不妊】妊娠を妨げる原因になるもの

    プロセスで見る女性不妊の原因を紹介します。

    内分泌・排卵の問題

     内分泌系の問題は、妊娠までの全経過に影響をあたえます

    ・卵子がうまく育たない
    ・排卵しない、排卵しにくい
    卵子はホルモンの指令によって成長しますが、このホルモンの分泌量が少なかったり(卵巣機能不全)、卵巣が指令をうまく受け取れないと、卵子がうまく育ちません。

    1.過度のダイエットや肥満、ストレスが原因になることも!…
     また、加齢とともに持って生まれた卵子の数が減り、卵子そのものも老化、卵巣の機能もおとろえます。
    そのため年齢が高くなると、ちゃんと排卵される確率が落ちていきます。
    2.多嚢胞性卵巣症候群が原因のことも!…

    卵子が育っているにもかかわらず、卵巣から飛び出すことができない「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」の問題もあります。
    超音波検査で見ると、卵巣にたくさんの卵胞が見えるのが特徴です。

     ホルモンバランスに異常があり、月経不順や無月経、毛深いといった症状がみられることもあります。
    太り気味、男性ホルモン値が高い、血糖値が高い人に比較的多く見られます。
    3.黄体機能不全が原因のことも!…

    黄体ホルモンの分泌が足りない「黄体機能不全」では、子宮内膜が厚くならず、着床しにくくなることがあります。

    その他にも、プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)というホルモンが過剰に分泌される「高プロラクチン血症」や、卵子が排卵されずに卵巣で黄体化してしまう「LUF(黄体化未破裂卵胞)」などでも排卵障害が起こることがありますが、多くは原因不明です。

    卵管の問題

     卵管に問題がある不妊は、女性側の原因のなかでもっとも多いとされています。(30~40%)

    ・卵管が詰まっている、通りにくい、うまく働かない
    ・排卵した卵子をキャッチできない

    卵管は精子の通り道でもあり、精子と卵子の受精の場、そして受精卵が子宮に到達するための移動通路です。
     ・その通路が詰まっている(卵管閉塞)、
    ・癒着(ゆちゃく)などで狭くなっている(卵管狭窄:らんかんきょうさく)
    ・卵管液がたまって卵管(膨大部)が拡張した状態(卵管留水症

    このような状態から、精子と卵子の出会いが妨げられます。
    左右の卵管とも閉塞していれば、自然妊娠はむずかしくなります

    ピックアップ障害も!…

    卵巣から排卵された卵子は、卵管の先端部分(卵管采)にキャッチされて、卵管へと運ばれます。
    この働きがうまくいかないことをピックアップ障害といいます。

     このような卵管のトラブルの原因としてもっとも多いのがクラミジア感染だといわれています。そのほか、大腸菌や腸球菌、淋菌の感染も原因となっています。

    子宮の入り口に問題


    子宮の入り口である子宮頸管は、排卵時期になるとホルモンの影響で分泌液が増加し、精子を受け入れやすい状態に変化します。
    この分泌液が十分に分泌されないと、精子が子宮の中まで入りにくくなります

    「抗精子抗体」がある場合も!…

    女性の体に「抗精子抗体」があると、精子を異物とみなして子宮頸管でブロックしてしまいます。

    子宮に筋腫やポリープがある場合は、その位置や大きさなどによっては、受精卵の着床をさまたげることもあります。

    「女性不妊の原因」って色々あるのね💦

    【男性不妊】妊娠を妨げる原因になるもの

    では、男性不妊についても見ていきましょう!

    精子がうまくつくれない

    男性側に問題がある不妊では、造精機能障害がもっとも多く、全体の80~90%をしめます。
    【造精機能障害】

     ・精子の数が少ない乏精子症
    元気がない精子無力症
    奇形精子が多い精子奇形症
    精液の中に精子が見あたらない無精子症

    これらのトラブルも妊娠の妨げになります。

    精子はさまざまなハードルを乗り越えて卵子にたどり着きますが、そのためには多数の元気な精子がいたほうが有利なのです。
    また、精液中に精子が全く見あたらない「無精子症」では、精子はつくられていて通り道に問題があることが少なくありません。

    性機能(勃起、射精)障害

    セックスがうまくできない
    十分に勃起しないED勃起障害
    勃起しても射精できない
    腟内で射精できない射精障害
    これらのことは、ストレスや不安など、心因性のことがほとんどです

    ストレス・不安はダメ!

    精子の通過経路の障害

    先天的(生まれつき)の発育不全
    精管欠損症
    生まれつき体内に精管がない先天性の精管欠じょには、左右両方の精管がない場合と、どちらか片方だけがない場合があります。男性不妊を訴えている人の中で、1~2%程度で見つかる異常です。
    そけいヘルニア手術による両側の精管の損傷
    などの原因があげられます。

    内性器の炎症による影響

    精のう炎(精のうに細菌が感染しておこる病気)
    前立腺炎(前立腺が大腸菌、クラミジア、弱毒性の細菌などが原因で炎症をおこした状態)
    精巣上体炎(精巣上体に細菌が繁殖し炎症をおこした状態)
    などの原因があげられます。

    男性不妊の原因も色々あるんです💦

    まとめ
    不妊となる原因についてみてきましたが、さまざまな検査を受けて、とくに原因が見つからないことも珍しくありません。
    だからといって原因がないとはいいきれず、現在の医学や検査では調べようがない、解明されていない原因がかくれているかもしれません。

    しかし、原因不明だから妊娠できないということではなく、原因が特定されなくても、自然妊娠や治療により妊娠・出産しているカップルはたくさんいるのです。
    なので、ナーバスにならず「こうのとり」がやってきてくれることを祈って「妊活」しましょう!

    Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    three − 1 =

    • 国産野菜たっぷりで芸能人ママも愛用のおすすめ葉酸サプリはどれ⁉
    • 【子宮内膜を厚くする方法!】薄い原因は?厚くする食べ物やサプリ、治療法について
    • 精子の老化を防ぐには⁉サプリ嫌いのオトコの妊活は何を飲むべきか
    • 妊活中・妊娠中の人必見!葉酸サプリの副作用や注意点・飲み合わせ
    • 【40代で妊娠力UP】高齢出産のリスクと今からしておいた方がいい事
    • 基礎体温がガタガタな人が妊娠しやすい体にする方法

    Twitterでフォローしよう

    この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。